「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」

写真拡大

北日本エリア限定で数量限定販売。

【写真を見る】北日本エリア1道・6県限定で販売される

メルシャン株式会社は、日本産ブドウ100%で造る「日本の地ワイン」シリーズの「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」を、2月21日(火)から限定販売する。

山梨県、長野県、秋田県、福島県の各栽培地域で育まれたブドウを、山梨県にあるワイナリー「シャトー・メルシャン」で醸造している「日本の地ワイン」シリーズ。産地による特長とブドウ品種が持つ個性を素直に表現した、「産地×品種」の味わいが楽しめる。

「日本の地ワイン 新鶴シャルドネ」は、北日本でメルシャンが取り組む栽培地域「福島県会津美里町新鶴地域産シャルドネ」を使用した一本。北の大地の恵みと、生産者の長年の努力から生まれたブドウが紡ぎだす心地よい酸味とさわやかな飲み心地の「調和のとれた味わい(フィネス)」を楽しむことができる。

約1万4000本限定で生産され、北海道、青森県、秋田県、岩手県、宮城県、山形県、福島県の北日本エリア1道・6県限定で販売。ラベルにも「北海道・東北限定発売」の文字とブドウの房と葉がデザインされて、北日本の豊かな自然の恵みが表現された。

国内外で評価が高まっている日本産ブドウ100%の日本ワイン。日本が誇る一本を味わってみてはいかが。【ウォーカープラス編集部/コタニ】