韓国トップアイドル、街で一目惚れした一般女性をナンパ…驚きのエピソードに関心集中

写真拡大

トップアイドルAが街で一目惚れした一般人の女性にアプローチした。

最近韓国で放送されたケーブルチャンネルEチャンネルのバラエティ番組「勇敢な記者たち3」では「勝つべき時vs負けるべき時」をテーマに、芸能人たちの話が公開された。

この日、芸能部記者は「ある日、女性が街を歩いている中、ある男性がこの女性を呼び止めた。その男性はトップアイドル歌手のマネージャーだった。女性に『アイドルAくんが気に入っているという。連絡先を教えてほしい』と話した。しかしおかしいと思って拒絶し歩いていく中、誰かがまた呼び止めた。今度はトップアイドルAくんがこの女性に向かって走ってきたのだ」と伝え、皆を驚かせた。

続いて記者は「Aくんが一般人女性に『君を気に入って、一緒に話がしたい』と話し、その女性は困惑したがAくんのファンだったので、果敢にもAくんについて行った。Aくんは女性をバンに乗せて練習室に連れて行った。2人だけの時間を過ごしていたが、殺気を感じた女性が周りを見回すと、ある女性が睨んでいたという。人気ガールズグループのB氏だった」と話し、好奇心を刺激した。

特に記者は「AくんはB氏を気にせず、一般人の女性にだけ関心を示した。その後、Aくんは同僚たちとの会食にその女性を連れて行った。Aくんの知人たちは女性と初めて会ったにも関わらず、喜んで迎えてくれた。女性はおかしいと思ったが、気にしなかった。しかし時間が経つと、Aくんが本音を表したという。『今日、疲れてない?』とホテルに行こうと誘ったのだ。負担を感じて拒絶すると、切ない声で頼んだという。Aくんの態度に負担を感じた女性は、逃げるようにその場を離れたという」と話した。

するとシン・ドンヨプは「あるスターは何も言わずにホテルの前に連れて行くという」と暴露し、キム・テヒョンは「過去のことを思い出したの?」と聞き、笑いを誘った。

また記者は「Aくんは一般人はもちろん、芸能人たちにもたくさんアプローチするから、知人たちは驚かない」と付け加え、キム・ジョンミンは「トップアイドルがそんなことしていいの?」と聞いた。

これに記者は「クールな性格だ。デート時には最善を尽くし、拒絶されるとそれ以上アプローチしない」と答えた。また「Aくんが直接話しかけたなんて、この女性はどれだけ美人だったの」という質問に「Aくんは女性なら構わないのか、関心を示した女性たちはそこまで美人ではなかったという」と伝えた。