「過ぎるTV」にゲストで登場するほんこん(右から2番目)、シャンプーハット・てつじ(右端)

写真拡大

2月6日(月)の「なるみ・岡村の過ぎるTV」(ABCテレビ)は、“イライラし過ぎるゲスト”のほんこんとシャンプーハット・てつじをゲストに、「イライラし過ぎる大阪人 怒りの鉄拳パンチ」というテーマで放送。

【写真を見る】天満のほろ酔いサラリーマンやミナミの若者の怒りとは!?

岡村隆史は、番組初登場のてつじに「イライラしてるイメージはない」というが、「人の何げない一言が気になる」というてつじは「今日も番組のディレクターさんの一言に思うことがあった」と、困惑エピソードを明かす。

「イライラし過ぎる大阪人 怒りの鉄拳パンチ」では、大阪人が怒っていることを、大阪・天満のほろ酔いサラリーマンやミナミの若者から聞き、その怒りをサンドバッグにぶつけてもらう。

まず「天満のほろ酔いサラリーマン編」では、会社や家庭など、日々プレッシャーの中で生きるサラリーマンたちの本音が飛び出す。

仕事が終わり、天満でほろ酔いになった彼らに怒っていることを聞いてみると、「あいさつもしないし、ジュースのお釣りを返さない」と、なめた態度を取る部下に怒る上司や、「不倫夫の相談が増えているが、自分は彼女すらいない」と、女性を独占する不倫男に怒る弁護士などが登場する。

スタジオでは、上司と部下の話題から「ほんこんさんによく怒られた」と、“ほんこん塾”の塾生だったというてつじが、「恐怖ですわ!」とホテルの一室での出来事を明かす。

一方、後輩を誘うこともあるてつじだが、「誘うけど、たいてい実家に帰っている」というと、岡村も「打ち合わせ中とか言うよな!」と、誘っても来てくれない後輩に嘆く一幕も。

また、恋愛の話題になると「結婚は2年付き合って、そのうちの1年は同棲したい」と、夢見がちな理想を語る岡村に、「恋愛は風邪と一緒や。風邪なんて知らん間にひいているもんやろ。2年なんて決めるな!」と、ほんこんが真剣に愛を語る。

後輩のてつじからも「もっと、自分に自信を持ってくださいよ!」と言われてしまう岡村。「オレも自信を持ちたいよ! でも、一次会で楽しくても、二次会には誰も来ない!」と、身近な(?)怒りが爆発。そんな、岡村が自信をなくした悲惨な出来事とは。

「ミナミの若者編」では、勉強や仕事、恋愛などでさまざまなストレスを抱える若者たちの怒りを調査。

「彼氏が2人の事をSNSにアップするのを嫌がる」と、彼氏の浮気を疑う20歳の学生や、「見た目で判断される」と怒る“ゆめかわいい系”ファッションの女の子など、その怒りは多種多様だった。

スタジオでは、ほんこんが「若手はずっとiPhoneを触ってるのに、分からんことを調べてくれるやつはいない」と、若手に怒りを爆発させる。

その他、シーズン恒例の人気企画となっている“長谷兄”ことティーアップ・長谷川宏の“NGKコレクション2017冬”や、松竹芸能の“オシャレ番長”海原はるかによる「角座コレクション2017冬」なども放送する。