故・岡野俊一郎氏【写真:Getty Images】

写真拡大

故・岡野俊一郎氏が伝えてきたこと

「サッカーにコートはありません。僕らには、用語を正しく伝えていく責務がある」―岡野俊一郎

 1960年、日本サッカー協会は、ドイツからデットマール・クラマー氏を特別コーチとして招聘した。東京五輪を4年後に控えていたので、ちょうどタイミングのイメージは「現在」と重なる。

 岡野さんは協会に「クラマーの全てを吸収しろ」と命じられ、それからは「弟のように」行動を共にした。当時クラマーは、ドイツ語しか話さなかった。僕は岡野さんに尋ねた。

「いつドイツ語を覚えたのですか」

 岡野さんは、涼しい顔で返えた。

「大学の第二外国語がドイツ語だったので」

 因みに僕も第二外国語はドイツ語を専攻したが、大学を卒業後は跡形もない。クラマー氏は述懐していた。

「岡野のお父さんは、お菓子を作る会社(岡埜栄泉)を経営していたので、彼には十分に勉強する時間があったんだろうね。ドイツ語、英語が堪能で、心理学、生理学、哲学の知識も備え、私の母とはドイツ文学を語り合っていた。スキーや水泳も抜群に上手かった」

 今後東京大学出身で日の丸をつける選手が出て来るとも思えないが、こうして日本サッカーの過渡期(黎明期)に頭脳明晰で多才な偉人を得られたことは、歴史的にも大きな幸運だった。

まさに「八面六臂」の働き、自ら仕掛けて話題を提供

 協会通りに大きなビルが建った今では考えられないことだが、岡野さんの活動ぶりは、文字通り「八面六臂」だった。ヘッドコーチ、通訳、マネージャー、情報収集、戦術分析、渡航手続き、渉外、広報、解説、番組企画制作……、すべてを1人でこなしていた。当時30歳代前半で「若かったから出来たんでしょうね」と振り返る。

 残念ながら最近の広報は、取材を規制することが仕事だと考える傾向が強いが、岡野さんは自ら仕掛けてメディアが飛びつき易い話題を提供した。1964年東京五輪で、日本はアルゼンチンを破る快挙を成し遂げた。まだ五輪がアマチュアの祭典だった時代だが、アルゼンチンには後にプロも含めたフル代表としてワールドカップでプレーする選手も含まれていた。この試合で圧倒的なパフォーマンスを見せたのが、駿足ウィンガーの杉山隆一氏。試合を終えると、岡野さんはアルゼンチン関係者の輪の中に飛び込んでいった。

「どうだ杉山はプロでも出来るか」

「十分に出来る」

「20万ドルくらいの価値はあるかな……」

「まあ、そうだな」

 1ドルが365円で固定されていた時代なので、20万ドルといえば、プロ野球でも最高レベルだった。日本のメディアは即座に飛びつき、それから杉山氏には「黄金の足」との形容がつくようになり、その足には保険がかけられた。

マスコミ関係者も岡野さんの影響を受けて育った

 岡野さんは話していた。

「クラマーはコーチ学を持って来たんです。それまで日本にはコーチ術しかなくて、それは東大式、早大式……など、みんな違った」

 そしてクラマーの薫陶を受けた岡野さんは、テレビ番組を初めとするメディアにも積極的に出て、正しい知識に基づく啓蒙活動を続けた。僕らの同世代には、サッカーに侵されたマスコミ関係者が少なくないが、例外なく岡野さんの名調子を聞いて育ったはずだ。

「僕らには用語を正確に伝えていく責務があるんですよ。よくメディアでサッカーの“コート”という表現を目にしますが、サッカーにコートはありません。コートというのは、主に室内競技で正確に大きさが定められたもので、サッカーの場合は、ピッチとかフィールドという表現を使います」

 僕も「サッカーのコート」と書いたことはなかったが、「ハーフコートマッチ」などという表現は使っていたので、未熟なライターとして吐露した。

「いえいえ、こちらこそ失礼しました」

 とても穏やかな口調だった。

加部究●文 text by Kiwamu Kabe