【疑問】オービスの手前に引いてある白線って何?

写真拡大 (全5枚)

地面にセンサーを埋め込む方式のオービスの撮影位置

自動速度違反取締装置=通称『オービス』が設置されている手前には、車線の真ん中に短い白線が引いてあることがある。これがオービスに内蔵されているカメラの撮影位置だ。

この白いマーキングがあるのは、4種類ほどあるオービスの種類のうち、ループコイル式タイプとLHシステムタイプのケース。

この2種類のオービスは、車両の速度をレーダー波(電波)で測定するのではなく、地面に埋まっている速度を計測するセンサー(ループコイル)を利用していて、道路上の白線は、そのセンサーの位置を示していると言われている。

この手のオービスはレーダー波を発しないので、レーダー探知機では検知しづらく、GPSレーダー探知機でもデータを更新しておかないと新設された箇所では、アラートが鳴らない。

また、ループコイル式タイプは、オービス本体が路肩に設置してある場合が多いので、遠くからは見つけにくいのだ。

オービス手前には注意喚起の表示がある

オービスは、一般道なら法定速度の30km/h以上、高速道路なら40/h以上で光る(撮影される)と言われているので、光らせた場合は、一発免停が基本。

もちろん速度を出さなければいいだけなのだが、たとえば同じ高速でも区間によって速度制限が変わり、うっかり気がつかないこともあるだろう。

いずれにしてもオービスを光らせることはなんとしても避けたいところ。「オービス」を設置してある道路には、その手前に必ず「自動車速度取締器設置路線」などの警告板が出ているので、まずはこれを見逃さないようにして、警告板を目にしたら、制限速度を超過していないかチェックしよう。

また最近では、オービスの位置や速度取締情報を警告してくれるスマホ用のアプリも多数出回っていて、無料で利用できるものも多い。カーナビアプリとしても使えたりするので、これらを上手く使うことで、かなりオービスを光らせるリスクは軽減できるので覚えておこう。