恋も仕事も!「シンデレラノート」で欲張りな大人女子の願いが叶う!?

写真拡大

昨年くらいから話題になっている『シンデレラノート』、ご存知でしょうか?

2017年が始まったのを機に始めている方も多いかと思います。
その一方で、ネーミングが乙女すぎて今ひとつ食指が動かなかった、という女性もいるかもしれませんね。

■『シンデレラノート』って何?


『シンデレラノート』とは、「なりたい自分」を実現するために、夢や目標、理想の自分の姿などを書き込んでいくもの。
例えば「ダイエットして美しい体型を手に入れたい」「旅行したい」「引っ越したい」「資格を取りたい」「仕事のデキるかっこいい女性になりたい」など…。

自分の「こうなりたい」を書き連ねたり、欲しいものの写真を貼ったりして、そこに近づくために考えた方法や実践したことを書き込んでいくノートです。
いわゆるマインドマップ的なものと言えば、大人女子にはわかりやすいでしょうか。

とはいえ、そこまでハードルを上げる必要はなさそう。レコーディングダイエットの発展版・自分磨きの記録、程度に捉えるといいみたいです。

■目標を視覚化して、なりたい自分に


ロジックとしては、

[1] 目標を視覚化(文字や画像など)することによって、達成したときの喜びをイメージしやすくなる
→目標に対してポジティブな思考が定着する

[2] 目標達成のための方法論を考える
→自分を客観視し(メタ認知能力の向上)、建設的な努力の方向性を定めることができる

[3] 実践したことを記録する
→目標達成に効果的な方法を抽出すると同時に、自分の努力を認めてあげることで、モチベーションが維持される

といったところ。

めんどくさい言い回しをしてみましたが、結局のところ、ごちゃごちゃ考えずに楽しく気持ちよく、欲しいものを手に入れられればいいわけです。
それを手助けしてくれるのが、『シンデレラノート』ってこと!

■まずはノートを手に入れましょう


とりあえず、書ければ何でもいいのですが、仕事とは別に考えるために、敢えてかわいいノートを選ぶといいかも!もちろん、忙しければコンビニのでも100均のでも大丈夫。気負わないことが何よりですから。

■さあ、書くぞ!目標は細切れに


欲深い大人女子は、目標も山盛りです。書ききれない…と思うかもしれませんが、とりあえずできそうなところから書き始めてみては。

ダイエットや貯金だったら、結果が数字で現れるので達成感も早く得られそう。理想の女性を目指すなら、それ専用のノートを作っても良さそうですね。

■書き方は自由に、楽しく!


例えば引っ越しをしたいのなら、理想のお部屋の間取り図を書いたり、好きな雑誌の切り抜きを貼ったり。ありとあらゆる自分の理想を詰め込んだノートを作っていきましょう。

ダイエットを成功させるならば、目標の体重やスリーサイズを書き込んだり、理想の体型の女優さんの写真を貼ったりしても。ミランダ・カーの写真の上に自分の顔を貼り付けて、達成時のイメージにしたっていいんです!

理想の女性像を目指すなら、その条件を書き込んでみて。「優しくて〜、思いやりがあって〜、こんな時は厳しくて〜」という感じで、できるだけ具体的に書くといいんじゃないかと。
ドラマの主人公をモデルにするなら、その写真を貼っても。

■実現のための方法を考えよう


目標を書き、写真などのビジュアルでもわかるようにしたら、次はそのための方法論を。
引っ越しや旅行が目的なら、必要な金額や手続き、行きたい時期などをできるだけ具体的に。

ダイエットも同じく、憧れの体型に近づくためには何をすればいいかを書いてみて。食前に必ずキャベツを食べる、お水を1日に1リットルは必ず飲む、1駅分歩くなど。

理想の自分像を目指すなら、マネしたい人の特徴と自分を比較してみたり、今までできていなかったことにフォーカスしてみたり。やるべきことが見えてくるはずですよ。

■運用方法は、実践したことを書くだけ


あとは、その目標のために何をしたかを書き込んでいくだけ。
ダイエットの場合は、その日食べたものの記録やエクササイズの内容、旅行や買い物の場合は貯金額やリサーチの結果。理想の自分を目指すときには、その日の行動や心の動きに着目して書いてみては。

自分だけのノートなのだから、何を書いったっていいんです。愚痴だって弱音だって、後で見返したら何かのヒントになるはずなので、思ったことをツラツラ書き続けていきましょう。

■ポイントは「ご褒美」


目標達成するまでに、ところどころにプチご褒美を決めておくといいみたいですよ。例えば「5キロ痩せたい」という目標に対して「まず2キロ痩せたら、欲しかったあのコスメを買う」とかね。

マラソンで言うところの給水ポイント的な感じでしょうか。
このプチご褒美もまた、モチベーションの維持の一役買ってくれそうです!

というわけで、デスノートのように書いたら自動的に願いが叶うってわけではないのですが、眉間にしわを寄せて頑張るよりも、楽しい気分で夢を叶えられるほうがずっとハッピーですよね。

今年もまだまだ始まったばかり。若い子がこのノートで楽しげに目標を達成しているのですから、大人女子のみなさんも、気軽になりたい自分を手に入れてみてはいかがでしょうか。

ライタープロフィール


石村佐和子
エディター・Webディレクターを経て、結婚、出産後、フリーライターに。微妙に偏った恋愛経験を持つ、アラフォー二児の母。好きなことはモノ作り、工場見学、カフェ巡り。将来は陶芸などしながら優雅に暮らしたいと目論んでいます。