プラスサイズモデルとして活躍する傍らで、写真修正に反対したり、人々の肉体に対する美の固定概念を覆すべくニューヨークの地下鉄内でストリップするなど、ボディアクティビストとしての顔も持つイスクラ・ローレンス。

そんな彼女が自身のInstagram上で、まもなく開催される「ニューヨーク・ファッションウィーク」と、現代のファッション業界に向けて送ったメッセージが話題になっている。

#DearNYFW it matters who walks. New research study confirms that models working in the American fashion industry are being pressured to sacrifice their health for their job. It’s time to prioritize health and celebrate diversity at #NYFW. (Click the link in my bio to read the letter from me and other models) - and stand with us by signing the petition! Let’s show the world that diversity (race, age, height, size, shape, gender) is our strength and health is our priority. Thank you @nedastaff @modelallianceny @saraziff for standing up & speaking up, you inspire me to try and use my platforms to create, empower, educate and hopefully make a positive impact! Thank you for reading and I hope you all take a look at the open letter ⬆️link in my bio⬆️ #NEDA wearing @aerie track pants #AerieReal

A video posted by i s k r a (@iskra) on

「ニューヨーク・ファッションウィークへ。誰がウォーキングするかは重要なことです。新たに発表された研究結果によると、アメリカのファッション業界で働くモデルたちは、仕事のために健康を犠牲にしていると言われています。今は健康を第一に考え、ダイバーシティ(多様性)を祝福する時代です。(中略)ダイバーシティ(人種、年齢、身長、サイズ、体型、ジェンダー)が私たちの強みであることを世界に示しましょう」

そう語ったイスクラは、Instagramのトップページに、イスクラ他34名のモデルが連名でニューヨーク・ファッションウィークへ宛てた手紙へのリンクも公開。その手紙の内容がとてもパワフル!

「私たちはモデルとして、お互いの健康や幸せを心配しています。ニューヨーク・ファッションウィークのシーズンが近い今、強くお願いしたいことがあります。今シーズンのランウェイでは、どうか健康を優先し、ダイバーシティを祝福してください」

モデルたちの健康が脅かされている一例として、「摂食障害」についても言及。

「摂食障害の死亡率は他の精神的健康障害よりもはるかに高いのです。また、生存したとしても、取り返しのつかないダメージを受けることが多いのです。ですから私たちはこうして『Model Alliance』と『Nation Eating Disorders Association』とタッグを組んで問題提議しています」(「Model Alliance」はモデルの労働環境の改善に取り組むNPO、「National Eating Disorders Association」は摂食障害と戦う人やその家族をサポートするNPO)。

そして、まだまだファッション業界に欠けているといわれるダイバーシティ(多様性)の必要性についても。

「私たちはあなた方に、ランウェイでは健康とダイバーシティを推進することに精一杯取り組んでほしいと考えています。これはチャレンジです。このチャレンジに賛同してくれた業界のリーダーの名前は、私たちがソーシャルメディアを介して何百万人もの人に発表します」
「今このような時代だからこそ、ダイバーシティこそが我々の強みであると証明するべきです。デザイナー、雑誌の編集者、エージェント、キャスティングディレクターの皆さんが先頭に立ち、前向きに、新たな考えを受け入れ、正しい道へと業界を導いてくれることを願っています」

確かにランウェイを見ると、主に活躍しているのは若く細身なモデルたち。先日も、南スーダン出身の黒人モデルが、ファッション業界に蔓延する「ヨーロッパ中心的な美の基準」を告白したばかりだ。

I remember shooting this Dinosaur Design campaign just before coming out here to the states. They called my agent at the time and asked if I was comfortable to shoot a campaign with my natural hair. She already knew what I was thinking but told me I needed to compromise sometimes. I won't lie, I was extremely hesitant. I've never really had a good experience with my natural hair and modelling in Australia before. I remember on top model on one of the episodes I had to cornrow my own hair. I was extremely upset and embarrassed that they "didn't know how" to cornrow my natural hair when at the end of the day that's their job. I sat in front of the mirror silently crying before my shoot doing my own hair, cameras rolling while all the other girls had hairstylists, shit scared I was going to get eliminated because a few "hairstylists" didn't know how to do their job. It's not fun being bullied for something you can't control and to have a top model woman of colour who I thought encouraged acceptance and self love call me out for rocking my natural hair, isn't cool at all. Throw all the shade you want, but you played yourself with your cute little remark.

A photo posted by Duckie Thot 💋 (@duckieofficial) on

ファッション業界がこれらの声に耳を傾け、まさに世の中がそうであるように、スキニーなスタイルも含めて様々な体型や人種、年齢、性別がミックスされた色鮮やかなランウェイを見られるようになる日が近いことを祈るばかり。

Feelin' peachy! 🍑🍑🍑 Our first round of girls for the #AllWomanProject ✨ #iamallwoman

A photo posted by All Woman Project (@allwomanproject) on