女子が思う「紳士的な男性」がやらないコト・5つ

写真拡大

モテる男性の条件として「紳士的」であることは、とても重要なポイントですよね。では一体、どんな行動や発言を見て、女性は紳士的かそうでないかを判断しているのでしょうか? 今回は女性のみなさんに「紳士的な男性が絶対にしないコト」について伺ってみました。

(1)乱暴な言動

・「女性に暴力をふるう、暴言を吐く、などの卑劣なこと。紳士的な男性は優しいし女性一番に考えてくれるから、こんなことはしないと思います。」(24歳/金融・証券/営業職)

・「女性を蔑むような言葉は思っていても口にしない」(32歳/自動車関連/技術職)

これは紳士的でないというよりも、人としてやってはいけないことと言えるでしょう。女性を故意に傷つける行為をする男性は間違っても紳士的とは言えませんね。

(2)人の話に耳を傾けない

・「女性の話を全否定すること。話が盛り上がらず、気分だけが悪い」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「女性の言うことを真っ向から否定しない。そんなの紳士ではない」(27歳/自動車関連/営業職)

基本的に紳士的な男性は聞き上手なはず。人の話を否定して不快にさせることはしません。女性の話に耳を傾け、受け入れる器の大きさがあることも紳士的な男性の条件と言えるのではないでしょうか。

(3)女性に恥をかかせること

・「女性を人前で泣かすこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「女性を笑いものにする」(29歳/金融・証券/営業職)

レディファーストは紳士的な男性の基本理念でもあります。特に人前での女性の扱いには最新の注意を払います。恥をかかせるなど、もってのほかでしょう。

(4)デートを軽く考えること

・「ドタキャンや連絡なしでの遅刻。ほうれんそうができない人は紳士ではない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「デートのとき、プランを何も考えてこない。紳士的な人はとりあえず、候補をチョイスしてくる」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

行き当たりばったりのデートや待ち合わせの遅刻は、女性を不安にさせてしまうことも……。紳士的な男性のデートプランはスマートで、女性を楽しませる心づかいがあるはずです。

(5)執拗な誘い

・「しつこくデートに誘うようなこと。紳士は無理強いしない」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「無理強いすること。紳士的な男性は誘いを断られたら、スマートに引き下がりそう」(31歳/その他/その他)

一度断られたにも関わらず、執拗に誘ってくるのはスマートではありません。そもそも「これだったら行ってもいいかな」と思わせるのが紳士的な男性の誘い方ですね。

<まとめ>

紳士的な男性は女性に安心感を与えますが、そうでない男性は不安や緊張感を与えるものです。その男性が紳士であるか否かを判断する際には、これらの意見を参考にしてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数100件(23歳〜34歳の働く女性)