女性起業家が選ぶ「理想のメンター」 フェイスブックCOOが1位に 

写真拡大

30歳未満の女性起業家にとって憧れのメンターとは、どのような人々なのだろうか?フォーブスは毎年、有望な若手起業家を選抜する「30アンダー30」リストを公開しているが、そこで選ばれた600名に対し、理想のメンターや様々な質問を尋ねるアンケート調査を行った。

今回の調査で2015年、2016年に続き最も多くの票を獲得したのは、男女の合計ではテスラ・モーターズCEOのイーロン・マスク。2位にマイクロソフトのビル・ゲイツ、3位にバラク・オバマ元大統領がランクインした。

だが、女性起業家の票に絞ると、ランキングの顔ぶれは大きく変化する。女性が選んだメンターの上位5人は以下の通りだ。(故人は対象外とした)

1. シェリル・サンドバーグ

フェイスブックのCOOでベストセラー「LEAN IN(リーン・イン)」の著者のサンドバーグは、ハーバード大学2年生の時に学生団体「Women in Economics and Government」を設立。その際にアドバイスを求めた相手が、当時ハーバードの経済学の教授で、後にクリントン政権の財務長官になるローレンス・サマーズだった。

サンドバーグはハーバードでMBAを取得し、世界銀行に勤務した後にサマーズの首席補佐官に就任。その後、グーグルを経て、2008年にCOOとしてフェイスブックに参加、同社の収益を66倍に拡大した。

2013年に出版した「LEAN IN」は、企業社会における女性の地位向上ムーブメントを牽引する一冊となり、サンドバーグは同書のウェブサイトでも女性が互いを支え合うメンターシップの重要性を主張。キャリアを積んだ女性社員が若手女性を引き上げ、女性のリーダーが生まれにくい環境を改善することの重要性について語っている。

2. ミシェル・オバマ

プリンストンとハーバードで学んだ弁護士のミシェル・オバマは、ファースト・レディになって1年目の2009年、恵まれない環境の女子高校生を対象としたメンターシップのプログラムを開始した。彼女たちを指導したのは、副大統領(当時)の妻で教育学者のジル・バイデン、上級補佐官(当時)で弁護士のヴァレリー・ジャレットなど、ホワイトハウスの女性たちだ。

治安の悪さで有名なシカゴのサウス・サイドで育った彼女は当時、「政府のあちこちに、あなたたちを引き上げたいと思っている女性がいます。かつての私のような若者に、大きなことを成し遂げる可能性を見せたいと思っていました」と語っていた。また、2012年のインタビューでは、自身のメンターシッププログラムについて「私には用意されなかった秘密のドアを開けるようなもの」と話している。

3. イーロン・マスク

火星移住計画を進める億万長者のイーロン・マスクが、唯一の男性として3位にランクインした。マスク本人は「自分にはメンターはいない」と公言しているが、グーグル共同創業者のラリー・ペイジをはじめ、尊敬する起業家仲間からのフィードバックは重視しているようだ。また、VRを使ったドキュメンタリーのプロダクションRYOTの共同創業者ブライアン・ムーサーも、イーロン・マスクをメンターとして挙げている。

4. オプラ・ウィンフリー

自力で富を築いた億万長者であり、メディアで最も偉大な功績を挙げた女性の一人であるオプラ・ウィンフリーは長年、メンターシップの大切さを主張してきた。2002年のインタビューでは、「メンターとは、あなたの中にある希望に気づかせる存在です。どんなに暗い夜の後にも、輝ける朝が来ることを教える存在です。あなた自身には見えない、あなたの崇高さに気づかせる存在です」と語っている。

ウィンフリー本人のメンターは、過酷な子供時代を過ごしたテネシー州ナッシュビルの小学校教師メアリー・ダンカンだ。ダンカンは2011年、ウィンフリーが司会を務めた「オプラ・ウィンフリー・ショー」の最終回にゲストとして登場した。