31日、韓国・OSENは、身長180センチ、体重136キロの巨体を持つ男性「ジョイ」と、韓国の自動車最大手・現代自動車との間で起こったいさかいについて報じた。写真は現代自動車看板。

写真拡大

2017年1月31日、韓国・OSENは、身長180センチ、体重136キロの巨体を持つ男性「ジョイ」と、韓国の自動車最大手・現代(ヒュンダイ)自動車との間で起こったいさかいについて報じた。

06年型ダッジ・ダコタや07年型トヨタ・カムリと乗り継いできたジョイにトラブルが起こったのは15年のこと。現代自動車の中型セダン「ソナタ」(15年型)を購入、気に入って愛用していたある日、運転席シートが故障してしまった。シート側面にある座席位置調整用のレバーが3回にわたって壊れ、メーカーに申し出たところ2回は無償修理してもらえたが3度目は断られたという。現代自動車は5年間・走行距離6万マイル(約9万6560キロ)を保証範囲としているが、期限を外れていないはずのジョイの事例は修理を拒否されてしまった。

理由はジョイの体重にあった。メーカーは、シートの故障は巨体のジョイが運転を続けたために起こった問題とし、運転者が一般的な体重(約45〜124キロ)であれば故障はしなかったと説明している。しかしジョイはこれに納得せず、「自分は車に乗れないほどの体重ではない」と主張、当初より現代自動車からは「体重制限」について何ら説明はなかったとして、なお無償修理を求めている。

この騒動について韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられているが、現代自動車という会社を信じたジョイに過失があったとする声や、修理を拒むメーカーの姿勢を批判する声が目立つ。最多の共感を得たのは「皆が止めるのも聞かずに、自分の車だけは大丈夫、アフターサービスもしっかりしてもらえると信じ込んで現代自動車の車を買ったジョイさんの過ちだ」とのコメント。ユーザーの間では「これが現代自動車の顧客対応マニュアルそのもの」「新年になっても現代自動車は相変わらず」といった認識が広まっているようだ。

他にも「シートは124キロまでしか耐えられませんと明記すべきだ」「そもそもこういうお客さんに売っちゃ駄目でしょ」「現代車は企業イメージを改善する気がまったくないみたいだね」など現代車への苦言が並んだほか、「この記事の重要ポイントはジョイの体重ではなく、トヨタ・カムリは大丈夫だったのにソナタに乗り換えて問題が起こったという点だ」という指摘も寄せられた。(翻訳・編集/吉金)