浅川梨奈(左)と浜辺美波(右)

写真拡大

大ヒット麻雀青春コミックの劇場版映画『咲-Saki-』の公開記念舞台挨拶が2月4日にTOHOシネマズ 日本橋で行われ、主演の浜辺美波をはじめ、浅川梨奈、古畑星夏、山田杏奈、岡本夏美、長澤茉里奈、小沼雄一監督が登壇した。

浜辺美波、浅川梨奈、佐野ひなこら美少女が勢揃い!『咲-Saki-』舞台挨拶

本作が映画初主演となる浜辺は「主演をつとめるのは嬉しかったけれど、人気コミックが原作ということで不安もありました。でも撮影中はみんなに支えられて楽しく撮影を終えることができました」とホッと一息。

麻雀の実力派巨乳と役どころで紹介された浅川は「キャラの性格が正反対で大変でした。共通点を探してもなかったけれど、監督からは『牌を持つ手さばきだけは一番上手かった』と言われて、『だけは』に引っかかったけど、嬉しかったです」と話した。

古畑は、総勢20名の若手女優との共演に「撮影中はガールズトークがすごい。浅川ちゃんが一番ぶっ飛んでいて、その内容を言ったら浅川ちゃんへの営業妨害になると思う」と過激ぶりを匂わすも、浅川は「ウチはNGないんで」と涼しい顔。

雀荘の娘役の山田は「実年齢よりも一つ上の役で、年上感を出さなければならず、監督からは『オヤジ臭く、加齢臭』と演出されました。立ち振る舞いや仕草でオヤジっぽくなれるように頑張りました」と熱演を振り返った。

岡本は約1ヵ月の麻雀特訓を回想し「みんなで部屋に集まって、牌の持ち方や打ち方を先生から教えてもらいました。それぞれの役の牌の持ち方を忠実に再現する部分はみんなで努力しましたね」と明かし、本作で女優デビューを飾った長澤は「オーディションに受かってビックリして、撮影現場でもビックリ。でも、みなさんが和気あいあいと仲良くしてくれたので、撮影を楽しむことができました。監督からも愛のある指導をビシバシされて、女優デビューがこの作品で良かった」と感謝しきりだった。

最後に主演の浜辺は「初主演映画ということもあって、『咲-Saki-』は思い入れの強い特別な作品になりました。みなさんにとっても特別な作品になってくれたら嬉しい」と呼びかけ、演じたキャラクターに成り切り「一緒に楽しもう。そして川崎から続いて舞台挨拶に来られたみなさん、カン!(完)」と締めくくっていた。