【ムービー】豊田章男社長を助手席に乗せヤリスWRCでラトバラ選手が激走

写真拡大 (全2枚)

トップラリードライバーがお台場でテクを見せつけた

2017年におけるTOYOTA GAZOO Racingのモータースポール活動計画が発表された後、会場となったメガウェブ(東京・お台場)の特設コース(ライドワン)で、WRCドライバーのヤリ・マティ・ラトバラ選手がデモンストレーションランを行った。

会場内に響き渡るエキゾーストノート、自由自在に走り回るWRC仕様のヤリス。その迫力満点の走りは、集まった記者たちを圧倒。今年のトヨタのWRC活動を期待させるに十分なパフォーマンスであった。ちなみに、コ・ドライバーシートには、モリゾウこと豊田章男社長がサプライズで座っていた。