4日、中国・北京市の警察当局は、同市中心部の天安門前で3日起きた車の横転事故に関連し、事実に基づかない情報をインターネットに書き込み拡散させたとして、男女2人を刑事事件の容疑者として身柄拘束する「刑事拘留」したと発表した。写真は天安門。

写真拡大

2017年2月4日、中国・北京市の警察当局は、同市中心部の国家博物館北側で3日起きた車の横転事故に関連し、事実に基づかない情報をインターネットに書き込み拡散させたとして、河北省の女(29)と吉林省の男(33)の計2人を刑事事件の容疑者として身柄拘束する「刑事拘留」したと発表した。2人は容疑を認めているという。新華社が伝えた。

米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の中国語ニュースサイトによると、天安門前の長安街で3日朝、軍関係のナンバープレートを付けた車1台が横転し、運転手と自転車で通行中の計2人が負傷した。2人は命に別状はないという。北京市の警察当局は、事故が起きた場所について「天安門長安街」という表現を避け「国家博物館北側」とし、運転ミスが原因と発表している。(翻訳・編集/柳川)