内野聖陽演じる山崎亘(左)の部下、日下部誠を演じる東出昌大(中央)/(C)TBS

写真拡大

3月にTBS系で放送される大型スペシャルドラマ「LEADERS(リーダーズ)II」に、東出昌大の出演が決定した。東出演じる若き営業マン・日下部誠(くさかべまこと)は、物語のキーマンという役どころだ。

【写真を見る】愛知佐一郎を演じる佐藤浩市(中央)、山崎亘を演じる内野聖陽(右)、日下部誠を演じる東出昌大(左)(上海影視楽園にて)/(C)TBS

本作は、'14年3月に二夜連続で放送されたドラマ「LEADERS(リーダーズ)」では明かされなかった新たな真実に光を当て、ストーリーの主軸を国産自動車開発の世界から販売の世界へと展開。国産自動車の開発にまい進する主人公・愛知佐一郎(佐藤浩市)と、佐一郎を販売面で支え続けた男たちの物語。

自動車販売店・日の出モータース支配人の山崎亘(内野聖陽)と佐一郎との交流を軸に、“自動車の品質”向上に徹底的にこだわった製造チームと、“販売の品質”向上を目指した販売チームたちが、時に反目しながらも「国産自動車を世界中に走らせる」という同じ夢のために、アイチ自動車を一つにまとめ上げ、支えるようになっていく。

東出演じる日下部は、ゼネラルモーターズ(GM)車販売店「日の出モータース」の支配人である山崎亘(内野聖陽)の人柄や考え方に引かれ、山崎と苦楽を共にする「日の出モータース」の若き営業マン。

GMから鞍替えして、愛知佐一郎が開発した国産車の販売を取り扱うこととなった「日の出モータース」にただ一人残る日下部。日本の自動車産業黎明(れいめい)期における「製造」と「販売」の物語となる「LEADERS(リーダーズ)II」におけるキーマンの一人だ。

また東出は、中国・上海の「上海影視楽園」にて、異例の規模で敢行された海外ロケにも参加。佐藤、内野と共に撮影に挑んだ。

実景撮影も含め計5日間行われたロケでは、昭和初期の名古屋市内の街並みを完全再現。現地エキストラは最大300人にも及び、街全体が舞台という壮大なスケール感を演出。同作はこれに加え、国内各地でも総日数20日以上のロケが行われている。

【東出昌大のコメント】内野さん演じる山崎亘が文系とすれば、私が演じる日下部誠は理系、言わば「デコボココンビ」です。そんな上司と部下の関係や、このドラマが持つ熱量が伝わるように演じていければ、と思っています。