東出昌大は上海ロケにも参加

写真拡大

 佐藤浩市が主演する3月放送のTBSドラマ「LEARDERSII」に、東出昌大が出演していることがわかった。また、本作では300人のエキストラが参加した大規模な上海ロケを行っていたことも判明。実景撮影も含む計5日間のロケを敢行し、昭和初期の名古屋市内の街並みを完全再現している。

 2014年に同局で放送された前作「LEARDERS」は、主人公の愛知佐一郎(佐藤)をはじめとする国産自動車開発に人生を賭けた人間たちの生きざまを、トヨタ自動車全面協力のもと史実に基づき描いた。続編では佐一郎と、前作では登場しなかった販売部門に光を当てており、自動車の品質向上に徹底的にこだわる製造チームが販売チームと反目しながらも、「国産自動車を世界中に走らせる」という同じ夢に向かっていく。

 佐藤のほか、吉田栄作、萩原聖人、高橋和也、緋田康人、えなりかずき、前田敦子、須田邦裕、神保悟志、山口智子、橋爪功らが前作から引き続き出演。また、内野聖陽が佐一郎の人柄と情熱に惚れ込んだ日の出モータース支配人・山崎亘役、山崎努が自動車部品の協力工場を束ね、のちに協愛会の会長となる大島プレス工業の大島磯吉役として新たに参加している。

 東出の役どころは、ゼネラルモーターズ(GM)車販売店である日の出モータースの若き営業マン・日下部誠。GM車から鞍替えし、佐一郎が開発した国産車を「日の出モータース」で取り扱う決断に踏みきった山崎を懸命に支えていく人物で、本作のキーマンのひとりとなる。

 上海の「上海影視楽園」で行われた撮影にも、佐藤、内野とともに臨んだ東出。自身が演じる日下部誠という人物については「内野さん演じる山崎亘が文系とすれば、私が演じる日下部誠は理系、言わば“デコボココンビ”です」と解説。そして「そんな上司と部下の関係や、このドラマが持つ熱量が伝わるように演じていければ、と思っています」と意欲的なコメントを寄せている。

 「LEARDERSII」は、3月にTBSで放送。