「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」のガエル・ガルシア・ベルナル
 - Laura Cavanaugh / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 Amazonドラマ「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」と「レッド・オークス」が更新され、新シーズンの製作が決まったと The Hollywood Reporter などが報じた。

 「モーツァルト・イン・ザ・ジャングル」は第4シーズンが決定。「オーケストラと、それを構成するアーティストのさらなるストーリーを語れることができてうれしく思います。熱心なファンが、芸術、音楽、そしてわたしたちが生み出したキャラクターたちの物語を楽しみにしてくれていることに感激しています」とエグゼクティブプロデューサー、ロマン・コッポラは語っている。

 一方、「レッド・オークス」は次の第3シーズンが最後になるとのこと。「もともと3シーズンでキャラクターたちを送り出す予定だったので、Amazonがその機会を与えてくれたことに感謝します」とクリエイターのジョー・ガンジェミとグレゴリー・ジェイコブズはコメントしている。

 エピソード数は明らかではないが、両ドラマとも今年中に配信がスタートする予定。(澤田理沙)