町田ゼルビアの2017新ユニフォーム、アウェイは町田市の地形入り!

写真拡大

FC町田ゼルビアは2016シーズン、J2復帰1年目ながらいきなり7位。相馬直樹監督は今年で4年目を迎えるがそれ以前にも1年間町田を率いており、常に安定したパフォーマンスを発揮している。

真価が問われる昇格2年目、昨季二桁得点を記録した中島裕希(14点)、鈴木孝司(12点)、中村祐也(11点)がいずれも残留したことは朗報。カルフィン・ヨン・ア・ピン(横浜FC)が抜けたDFラインには、23歳のモンテネグロ人DFボリス・タタール(ラハティ)を獲得した。

Machida Zelvia 2017 Svolme Home

町田ゼルビア 新ユニフォーム

その町田の2017シーズン新ユニフォーム。昨年既に発表されていたホームは、改めてスポンサー入りバージョンをお届け。

町田ゼルビア 新ユニフォーム

ホーム(1st)はクラブカラーの濃紺を強く出したデザインが特徴だ。

町田ゼルビア 新ユニフォーム

フォントはユニフォームには珍しい「デジタルフォント」を採用。選手・スタッフ・サポーターの1人1人と1分1秒共に刻んでいく様をイメージしている。

Machida Zelvia 2017 Svolme Away

町田ゼルビア 新ユニフォーム

アウェイ(2nd)は白を基調としたデザイン。ホームをベースとしているが、こちらは背面に町田市の地形を配置した。

町田ゼルビア 新ユニフォーム

背番号のところに薄らと。敵地でも地域を背負って戦うことを表現している。

GKユニフォームは、ホームが町田市の花・サルビアに因んだ赤、アウェイは町田市の木・けやき(ゼルコバ)に因んだ緑を採用。

町田ゼルビア 新ユニフォーム

ユニフォームスポンサーは、胸の「イーグル建創」、背中上部の「小田急電鉄」、袖の「学校法人玉川学園」が継続している。