「本命じゃなくて遊ばれてるかも……」と女子が気づく瞬間はいつ?

写真拡大



これまで何度か恋愛経験を積んできた女性なら「あれ?この人なんか怪しいかも」「もしかしてこの男、わたしのこと騙してる?」と感じ取ることってありますよね。今回ハウコレが行ったアンケート“Q.男の言動で「この人、私のこと本命じゃなくて遊びかも……」と勘づいたことある?”ではなんと81.5%もの女性が「ある」と答えました。どんな男の言動に「わたしのこと遊びかも………」と感じるのか見てみましょう。

■●夜しか会おうとしない・昼間のデートをしてくれない

「会おうとする時間帯がいつも夜」(21歳/女性/大学生)

「日中にデートをしてくれない」(23歳/女性/大学生)

「気づいたら会っているのが夜だけだった」(33歳/女性/運輸)

「終電間際で家に呼び出す」(22歳/女性/大学生)

「夜だけ会おうとする」(30歳/女性/通信)

「誘いが必ず夜かお酒の場」(25歳/女性/美容)

「夜しか会えない」(27歳/女性/アパレル)

男性があなたに会おうとする時間帯によって「本命か遊びか」の判断をすることができます。夜の時間帯の呼び出しや居酒屋デートにばかり誘われているようならあえてお日様の下でのデートや美味しいランチを勧めてみましょう。その提案に機嫌が悪くなるような男は要注意です。

■●LINEやメールのそっけなさ

「ラインが、おはよう、仕事終わった、おやすみ!だけしかこなくて、毎回彼の部屋で会ってたから!」(22歳/女性/美容)

「LINEの話題が常にホテル」(25歳/女性/フリーター)

「メールなどの対応が素っ気ない」(20歳/女性/専門学校生)

「ラインの返信がまちまちな時。2日前の返信を突然、深夜にしてきたり、時間帯を考えてない感じで、遊びなんだな?って思う」(22歳/女性/学校教育関連)

LINEやメールも相手が本気かどうかを見極めるのに大切なツール。毎回ただの挨拶やスタンプばかりで会話の内容が軽い場合は疑ったほうがいいでしょう。またLINEをあなたに「会いたいだけの呼び出し用」として使っているような男は言語道断です。

■●約束はナシ!突然の誘いばかり

「会いたい連絡が直前、深夜…」(23歳/女性/学校教育関連)

「連絡がいつも当日」(22歳/女性/美容)

「酔ったときに電話をかけてくる」(23歳/女性/学校教育関連)

「当日の誘い。都合のいいように使われてる」(24歳/女性/医療福祉)

「連絡が突然来る」(21歳/女性/生保損保)

前もって会う約束をしないような男ならあなたを本命彼女としては扱ってないでしょう。どうしても会いたければ前もってキープしておくはずです。突然誘ってくるということはあなたの予定や都合はおかまいなしなのです。他の女と会えなくなって予定が変わった時などに急遽連絡してきている可能性もあります。そんな男の“暇つぶし要員”にされないよう気をつけて。

■●自分のことを言いたがらない

「自分のことを話したがらない」(31歳/女性/その他)

「いつも忙しいと言って次の予定がわからない」(37歳/女性/医療福祉)

「勤務先を頑なに言わない」(22歳/女性/大学生)

「自分の趣味や嗜好の話をしない」(23歳/女性/IT)

「プライベートをやたら隠したがった」(23歳/女性/生保損保)

「休みの日を教えてくれない」(37歳/女性/通信)

男が自分のプライベートなことを教えたがらないのはいつでも逃げられるようにしておきたいがため。遊び相手には本当のことを知られたくないからです。

また

「デートで写真に写ろうとしない」(40歳/女性/フリーター)

「デートでもツーショットの写真を嫌がってた時」(19歳/女性/大学生)

……など、証拠を残したがらないのも特徴です。

写真を撮るのを嫌がったらまず「この人は真実を言っていないかも」「私にウソついてるかも」と思っておいたほうが賢明でしょう。

■【最後に……神崎桃子から愛のメッセージ】

女性が「わたしのこと本命じゃなく遊びかも……」と察するのは“自分のことを大切に扱ってくれてないな”と感じ取ったときです。

カレは自分の都合でしか動きません。自分中心でしか物事を考えようとはしません。あなたが「来て」って頼んだとしてもあなたに合わせてくれることはないのです。

「『好き』と言ってくれても、付き合おうとは言わない。『会いたい』と言ってくれるけど、予定が合わないと『またね』と連絡が終わる。つらっ!」(26歳/女性/医療福祉)

……「好き」という言葉も「会いたい」という言葉も口にすることは簡単です。でも言葉にださなくとも実際に「会いに来てくれる人」こそがあなたのことを本当に想ってくれているのです。

自分の好きな時、自分の空いてる時にだけ呼び出すようなカレでなく、あなたが「会いたいの!」と言ったときにちゃんと飛んできてくれるような男性と愛を育んでくださいね。(神崎桃子/ライター)

(ハウコレ編集部)