2017年シーズンのF1ドライバーラインナップや新車発表スケジュール、そして新規定も決まりシーズンの開幕が刻一刻と迫ってきました。

新規定って、複雑なことも多くなかなか覚えられないですよね(チームとドライバーを覚えるのは得意なのですが……)。そんな時は2月2日(木)発売の「F1速報2017オフシーズン情報号」を見て、しっかりとおさらいしましょう!

1

■新テクニカルレギュレーションでどう変わる? F1のカタチ

幅広く、迫力のあるスタイルに変身するといわれている2017年のF1マシン。まだ、各チームともニューマシンの姿はベールに包まれていますが、レギュレーションを読み解くとおおまかな予想図が見えてきました。

F1マシンはレギュレーションに大きな変化がない場合、3年経つと6秒速いマシンになります。そうなると「安全性が損なわれる」という危惧が大きくなり、一定のインターバルでスピードを制御するレギュレーション変更が導入されてきました。

ところが、今回のレギュレーション変更はその逆を行きます。ボディーワークやタイヤの規定を変更することで4秒、すなわち2年分の技術進化に相当するスピードを、あらかじめ与えようというのです。

見た目だけでなく、実際に速いマシンを走らせることで、F1の魅力を向上させるのが、ルール統括側の狙いだろうと本誌は推測しています。

スピードを実現するキーワードは「ワイド化」。スピード抑制のため車両の最大幅を1800mmに縮小したのは1998年のことでしたが、17年型は20年ぶりに最大幅2000mmのワイドボディになります。

2016年までノーズ先端の位置は前車軸(ホイールセンター)の前方最大1000mmに定められていましたが、17年のレギュレーション変更では1200mmに。200mm長くなり、デザイン規定がさらに細かくなります。

リヤウイングは2016年までに比べて幅広になり、低い位置に規定されます。昨年までの規定は、後続車への気流の影響を抑えるべく09年に導入されました。ディフューザーは高さが引き上げられ迫力が増します。

車体もタイヤもワイドになれば、どう努力してもそのぶん重量は増えてしまいます。そこで、16年までと同じ燃料では苦しいだろうという配慮から、レース中の燃料使用量は5kg(5%)増量され、105kg使えることになりました。

タイヤ幅は245mmから305mmに拡大。接地面積が増える分、接地荷重は分散されますが、16年までの大きな横力が発生するのは事実で、過酷な条件にさらされます。

この他にも、サスペンションや空力、パワーユニットにも変更があり、見た目も速さも本当に変わってくるのでしょうね。本誌では、とっても分かりやすい解説と目で見て分かる図面付きなので、メカ音痴な私でも理解することができました。

スピードがアップすることはファンとしては嬉しいですが、その分ドライバーに今まで以上のリスクが伴ってくるでしょう。大きな事故が起こらないことを、切に祈るばかりです。

■世界中を飛び回り、大忙しのニコ・ロズベルグ

ワールドチャンピオン獲得後の電撃引退から約2カ月。グランプリドライバーだった時期以上に航空会社のマイレージを稼いでいるロズベルグ選手の、「ニコ・ロズベルグワールドツアー2016-17」を見てみましょう!

アブダビGP終了後、マレーシアのクアラルンプールへメルセデスのメインスポンサー、ペトロナスにタイトル獲得を報告しに飛んだロズベルグ選手。そこからフランクフルトに行き、まず生まれ故郷であるヴィースバーデンの市長の招きに応じで同市を訪れました。そして、ブラックリーとブリックスワースのメルセデスのファクトリーに立ち寄り、チームメンバーと勝利を祝った後、FIA表彰式でF1世界選手権のトロフィーを受け取るためにウィーンへ移動。その表彰式が始まる直前に、電撃の引退発表をしたのです。

次なる訪問地、シュトゥットガルトとジンデルフィンゲンのメルセデスの工場では、従業員たちから熱烈な歓迎で迎えられ、その後ベルリンで慈善団体「ハート・フォー・チルドレン」の催した祝賀会にも出席しています。ロンドンで行われたオートスポーツ・アワードに続いて、アウトスプリンント誌にとよる「カッシドオロ」授賞式のため、イタリアへ向かいましたが、途中ボローニャ空港で濃霧に見舞われるというハプニングもあったのだとか!

さらに、元ドイツ代表のサッカー選手、ルーカス・ポドルスキとケルン・ボン空港で会い、お互いにワールドカップを手に記念撮影。そして、再びイギリスのメルセデスのファクトリーでクリスマスのお祝いをした後には、パリへ飛んでフランスのテレビ局カナル・プリュスを訪れています。

ようやくドイツに戻ってからも、ZDFの人気テレビ番組「メンシェン」にゲスト出演、ある会議で自身のキャリアについて講演、ミュンヘンでドイツ・ドライバー・オブ・ザ・イヤーを受賞、そしてすぐにバーデン・バーデンへ移動してドイツ・スポーツマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式に出席。残念ながらこちらの賞は獲ることができませんでしが、ドイツでも多忙な日々を過ごしていました。

家族とともにクリスマスを祝うため、2日間の休みを取ったロズベルグ選手は、新年を迎える前にチャンピオン獲得記念本の「Finally」をリリース。そして、イギリスBBC放送のクイズショー「クエスチョン・オブ・スポーツ」に出演し、新年はイビサ島の別荘で迎えています。

たっぷり2週間の休暇でリフレッシュした後、ロズベルグ選手は再び荷物をカバンに詰めてジュネーブへ向かいました。今年はメルセデスのアンバサダーとして、スイスの高級腕時計メーカーIWCを始めとするチームのパートナーイベントに定期的に出演しなければいけないのです。ジュネーブから同じスイスのダボスへ移動したロズベルグ選手は、世界経済フォーラムに出席し、2日間にわたってモチベーション、自制心、メンタルコーチングについて話をしました。

かなり多忙なスケジュールを過ごしたロズベルグ選手は

「特にタイトルを獲った直後は、とんでもない忙しさだった。毎日のように違う国を訪れ、1日で2カ国ということもあったんだ。そうした訪問はどれもエキサイティングで、あれほど多くの人々に業績を認めてもらえるのは光栄だと感じたけど、正直に言うともうヘトヘトだったよ。これが終われば、家族と一緒にクリスマスを過ごせると思って、なんとか乗り切ったんだ。だけど、僕の母にとっては、気楽なクリスマス休暇ではなかったかもしれない。何しろ、我が家のテーブルに、ふたりのワールドチャンピオンが座っていたのだからね!」

と笑いながら語っていたそうです。

■花よりF1!! 特別編ミニカー大好き!

スパークさんのF1速報別注1/43ミニカー「マクラレーンMP4-31・ホンダ2016アブダビGP ジェンソン・バトンラストラン」が3月中〜下旬に発売されます!

一番のこだわりは、バトン選手がアブダビGPで被ったスペシャルヘルメットにある文字とピンクのライン。1/43スケールでありながら、バトン選手の17年間の想いが込められた「The journey is the reward」という文をちゃんと読むことができるのも、スパークさんならではなんです。

購入方法は、応募受付期間中に「AUTOSPORT web SHOP」へアクセスして予約ページから氏名とメールアドレスを登録してエントリーするだけ(申込者が販売数量を上まわった場合は抽選)。気になるお値段は「税込み10,000円(別途手数料340円と送料540円が必要)」です。

実際にサンプル品を見させてもらったのですが、現時点で私的には大満足の素晴らしい仕上がりでしたよ。「もう少しこだわる!」とのことですので、完成品を楽しみに待ちましょう。

超貴重なバトン選手ラストランミニカー、ぜひエントリーしてください! もちろん、私もエントリーします。

(yuri)

【F1速報×F1女子〜2017オフシーズン情報号〜】F1速報別注「バトン・ラストランミニカー」の全貌が明らかに!(http://clicccar.com/2017/02/04/442152/)