1日、中国の若手俳優のリー・イーフォンが、薬物使用のうわさで「仕事に大きな影響が出ている」と中国版ツイッター上で訴えた。写真はリー・イーフォン。

写真拡大

2017年2月1日、中国の若手俳優のリー・イーフォン(李易峰)が、薬物使用のうわさで「仕事に大きな影響が出ている」と中国版ツイッター上で訴えた。鳳凰網が伝えた。

【その他の写真】

人気イケメン俳優のリー・イーフォンが1日、中国版ツイッターを更新し、薬物使用のうわさに困り果てていることを激白した。これは昨年から、「L」姓の人気俳優が薬物に関与しているとのうわさが流れ、一部でリー・イーフォンだと言われていることに端を発するもの。リー・イーフォンの投稿内容によると、80歳を超える高齢の祖母までうわさを聞きつけ、非常に心配して早朝から電話をかけてくるという。途切れない報道に業を煮やし、自ら声を上げることを選んだものだ。

リー・イーフォンは同時に、自発的に否定することについて事前に親友に相談するため、通話アプリで交わしたというプライベートな会話内容まで公開。そこには、「僕への出演オファーを避ける動きもあるらしい」と、仕事面で深刻な状況にさらされていることも書かれている。

リー・イーフォンが身の潔白を訴えたこの投稿には、「信じてる」「頑張ってほしい」「ネットのうわさは本当に恐ろしい」などと、ネットユーザーから数多くのエールが寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)