京都の鞍馬駅前には、大きな天狗のオブジェがあるのですが、先日降った雪の重みで、鼻が根元からポキリと折れてしまいました。

補修されるまでの間、応急措置がされたのですが……。

その姿が「なんてキュートなの!」と、外国人に受けていました。

 

Snow In Kyoto Broke The Nose Of This Tengu, Japanese Fixed It With A Bandaid

[画像を見る]
なんと、折れた鼻の部分にペタっと絆創膏!

痛々しかった姿が、絆創膏1枚貼っただけで愛嬌のある顔に。しばらくこのままでもいいのではと思うくらいです。

ちなみに鼻の部分は発泡スチロール製で耐久性は低いようです。

海外の反応をご紹介します。

●なんてかわいらしいんだ……。

●これは京都だね。

●これが気に入っている。早く良くなりますように。

●それは鞍馬天狗の像だよ。治療中って書いてあるので、良い外科医に治してもらえますように。

●ハハハ、そんなすごい雪じゃなかったから、しっかりした鼻じゃなかったんだな。

↑カメラでずっと監視してるわけじゃないからさ。仮に誰が壊したってわからないさ。

↑あるいは水が入って腐ったのかもだ。

●なるほど、こうやってピノキオは普通の少年になったんだ。雪が積もるまで鼻が折れるのを待ったんだ。

●これを見に日本に行くぞ。

●鼻が付いているときに見られてよかった。

●もしかして新しい形の鼻をもらうのかな。


トラブルによって注目度も人気も上がった鞍馬天狗。機転ひとつでプラスに転じるものですね。

でも新しい鼻は、そう簡単に折れないものを期待します。

【外国人「京都の天狗像の鼻が折れてしまったけど…応急処置のしかたがキュート!」】を全て見る