Jリーグ開幕まで3週間となったこの日は、各地で多くの練習試合が行われている。

 大分トリニータとレノファ山口FCは大津町運動公園球技場で対戦。45分の4本マッチで行われたが、1本目からMF清本拓己のゴールなどで得点を重ねた大分が、2本目までを3-1とリードして終える。

 しかし山口もここから反撃を開始。3本目を1-0で終えると、4本目はMF三幸秀稔とFW岸田和人が得点して2-1で勝利する。ただし合計スコアは4-4で引き分けた。

 宮崎県綾町小田爪多目的競技場ではJ1のヴァンフォーレ甲府とJ2の徳島ヴォルティスが45分3本マッチで対戦。2本目の19分にFW川上エドオジョン智慧のゴールで徳島が先制すると、3権目の41分にはFW渡大生のゴールで加点。2-0で徳島が勝利した。

 岡山県政田サッカー場では愛媛FCがファジアーノ岡山に1-0で勝利。45分3本マッチの3本目にMF近藤貴司がこの日唯一の得点を決めた。

 そのほか、カマタマーレ讃岐はラインメール青森FCに1-0で勝利。FC町田ゼルビアはHonda FCに2-0で勝利。Kリーグの水原三星と対戦した湘南ベルマーレは0-0で引き分けた。


●2017シーズンJリーグ全クラブ練習試合