「京あるきin東京2017広報大使」に任命された吉岡里帆

写真拡大

京都の魅力を発信する「京あるきin東京2017〜恋する京都ウィークス」オープニングイベントが都内で開始され、広報大使に任命された京都市出身の女優・吉岡里帆が京友禅の着物姿で出席した。

【写真を見る】3人の舞妓(まいこ)さんたちも応援に駆け付けた

門川大作京都市長から任命証を受け取った吉岡は「おおきに!」と笑顔。「こういう大きなお役をいただくのは初めて。きょうは京都の魅力をたっぷりお話しできるよう頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

京都の良さについて「時間のたち方がすごく穏やかで、それから学生にすごく優しかったんじゃないかなと感じていて。私は学生時代京都で暮らしていて、そこで演劇と出合って、文化活動にすごく最適な街なので、若い子たちにもチャンスを与えてもらえる。自分の故郷ですけども誇りに思います」と胸を張った。

「年々東映でも松竹でも時代劇が減っていることを祖父母がすごく悲しんでいて、時代劇が盛んな時代もあって、私はそんな時代がもう一度戻ってきたらいいなと願っていて、京都でしか撮れないもの、京都の景色でしか撮れない作品というのがこれから増えていくことで…私は時代劇は日本の伝統文化だと思います」と女優として京都での時代劇の復権を願った。

「私も朝ドラに出演させていただいて、『あさが来た』('15〜'16年NHK総合ほか)という作品だったんですけど、それは時代もので、当時のお作法を学んで言葉を話してお芝居をしていると、作品を作っていくことによってちょっと(時代の良さを)知ることができたような気がして。

こうやって物作りをして、当時のことを知らなかった人たちに、温かみだとか言葉が伝えられるんだなと思うと、またやりたいという思いが自然と込み上げてきました」と演じることへの思いを明かした。

最後に京都の未来についてMCから聞かれた吉岡は「子供たちが文化に触れる機会がとても多い街。それは私たち大人が今守ってきたものが大事だよねという意識があったからこそできてきたわけで。

まずは一人一人が知的なもの、有形文化財・無形文化財、たくさんの財産を持っているんだから、それを守っていこうという思いで過していくことが一番大切なことかなと思っています」と将来を見据えた。

また、囲み取材ではきょうの衣装である着物についての質問が寄せられた。「2種類あったんですけど、まだ肌寒いので見た目だけでも春らしく。普段は着ることはないですね。最後に着たのは成人式の日だったので。背筋が伸びるというか、着物を着ると言葉遣いとかしぐさとか気にするようになります」と久しぶりの着物を楽しんだ。

さらにバレンタインについての質問には「今ちょうどドラマを撮っているんですけど、ドラマとなると現場はすごい人数なので、ことしは何もしないで影武者のように知らんぷりしようかなと思っているんですけど(笑)。本当は一人一人配れたらいいんですけど…」と申し訳なさそうに告白した。