31日、中国のあるインターネットユーザーはこのほど、共に日本に植民地支配された韓国と台湾の対日感情が異なる理由について3つの点を挙げている。写真は台湾の人気観光スポット、九フン。

写真拡大

2017年1月31日、中国のあるインターネットユーザーはこのほど、共に日本に植民地支配された韓国と台湾の対日感情が異なる理由について3つの点を挙げている。

このユーザーは「1895年の清日馬関条約(下関条約)の署名により台湾は日本の植民地となり、その10年後の1905年の日韓乙巳保護条約(第二次日韓協約)の署名により朝鮮半島(北朝鮮と韓国)は日本の植民地となった。1945年8月15日に日本が無条件降伏を宣言したことで、台湾と朝鮮半島は植民統治から解放され自立へ移った。韓国の仇日、反日感情は続いているのに、同様に日本の統治を受けた台湾が親日なのはなぜか」とし、その理由について「異なる起源」「不徹底な清算」「米国の介入」の3つを挙げている。

1つ目の「異なる起源」について、このユーザーは「馬関条約により清朝は台湾島を日本へ割譲した。台湾側からすれば、主人から売られた奴僕のようなものであり、傷心紛れに新しい主人と暮らす以外に、日本の占領前に限れば台湾海峡を渡り本土で生活することもできた。一方の朝鮮半島は異なる。日本は朝鮮人の故郷を全て占領し、朝鮮人は中国の東北地方や上海へ渡ったとしても自国が消え異郷へ流れたという事実を変えられない。そのため多くの愛国志士が残り日本人との争いを続けた」と指摘。

次に「不徹底な清算」について、「日本の降伏後に朝鮮半島は二分された。韓国が独立後にまず行ったことは裏切り者を清算する運動であり、悪人を助けて悪事を働いた裏切り者を徹底的に消滅することに容赦なかった。加えて、日本は折に触れて靖国神社を参拝し、過去の誤った行為を決して認めず、韓国人のもろい神経を刺激し続けた。ゆえに韓国は現在に至るまで日本を憎しみ恨む態度を持ち続けている。一方、第二次大戦後の台湾は、日本が残した禍根に対して徹底清算することなく、精力を内戦に投じ、その後も日本に気を使ってきた。歴史を清算する精力などなかった」と主張。

「米国の介入」については、「韓国がこれほどまでに公然と反日である背景には米国の影が欠かせない。米国の極東地域におけるゲームは強者を押さえつけ各国を争わせるというものだ。米国は日本に好き勝手させるはずはなく誰かと競い合わせようとする。バナナを生産するだけのフィリピンや実力不足のタイではだめだ。つまるところ日本を代々恨み、経済も成長した韓国ということになる。韓国と日本の不仲の背後で米国は喜ぶというわけだ。台湾はどうか。米国が台湾を支持して何を行っているかは言うまでもない」としている。(翻訳・編集/柳川)