これだけはやりません!男子が「本命女子」には絶対にしないこと

写真拡大



本当に好きな女性の前では、男性も言動や態度が明らかに変わってきてしまうものです。

逆に言うと、本命の女性には絶対にしないような言動を取られてしまった場合は、脈ナシの証拠であるとも言えるでしょう。

そこで今回は、男子が「本命女子」には絶対にしないことを紹介します。

■1.「既読スルー」をすることが多い

「好きな女の子からのLINEには絶対に返信をしますね。忙しくて返信ができない場合でも、後で必ず返信します。既読スルーをするということはあり得ないですね」(30歳/男性/公務員)

本命の女性からのLINEが来たら、男性もうれしくて仕方がないはず。だからこそ、既読スルーしたり無視したりするなんてことはまずあり得ません。もしかしたら、忙しすぎて返信を忘れてしまうなんてこともあるかもしれませんが、その場合には必ずフォローの連絡をくれるようです。何度も既読スルーされてしまう場合は、その男性はあなたに興味がないと考えて、間違いないのかも。

■2.「別の女性」の存在を臭わせる

「気になっている女の子の前で、他の女の話なんてするわけがないですよね。女好きとか浮気性とか思われちゃう可能性だってあるから、絶対にしないですね」(27歳/男性/IT)

当然ですが、本命の女性には絶対に嫌われたくないもの。なので、他の女性の存在を臭わせるような言動を、男性が自分から取ったりするわけがありません。他の女性の話ばかりをしたり、他にも気になっている女性がいるかのような振る舞いをしたら、誤解を生んでしまうだけ。そんなことを彼自ら進んでしてくるのなら、あなたに気がないからかもしれません。

■3.常に「返事」が素っ気ない

「興味がない女性と話をしていても、あまり楽しむことができないので、ついつい素っ気ない返事とかをしちゃったりもします。話が長いときとかは、特にそんな感じになっちゃうかも」(31歳/男性/広告代理店)

本命の女性との会話は、男性だって楽しくて仕方がないものです。ずっと話していたいと感じるでしょうし、ちゃんと真剣に会話に集中してくれるはず。もしも素っ気ない返事や適当な相づちが多い場合は、あなたに興味を持っていない証拠なのかも。LINEやメールの返信が素っ気ないことが多い場合も、同様のことが言えるかもしれませんね。

■4.「お金がない」とアピールしてくる

「たとえお金がなくても、お金がないなんて、恥ずかしくて好きな女性の前では言えません。なんか男として情けなく見られてしまうような気がしちゃいますからね」(29歳/男性/保険会社)

本気で好きな女性の前では、男性は必要以上にカッコつけたがるもの。自分のダメな部分は、絶対に見せないように必死で隠すはずです。特に、お金を持っていないというのは、仕事を大切に考える男性としては絶対に言いたくないセリフ。「今日は金がないんだよね」なんて、口が裂けても言えません。彼が平気でお金がないと言えてしまうのは、あなたのことを友達としか思っていないからでしょうね。

■おわりに

今回紹介した言動が見られた場合は、その男性はあなたを恋愛対象として見ていない可能性が高いです。“女”として意識させるような行動も多少は取らないと、男女の仲にはなれないかもしれませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)(小南光司/モデル)(泉三郎/カメラマン)