イ・ミンホ&パク・シネ「アメリカ人が好きな韓国の俳優」1位に…2〜5位は?

写真拡大

俳優イ・ミンホ、女優パク・シネがアメリカ人が好きな韓国の俳優ランキングで1位となった。

2日(現地時間)、韓国コンテンツ振興院アメリカセンターが「K-コンテンツアメリカ消費者調査」の結果を公開した。ドラマのインターネットストリーミングサイトを通じて2週間に渡ってアンケートを行った結果、韓国ドラマを見たという回答者は4,753人で、2年前の同調査の2,304人に比べて2倍以上増加した。

調査によると韓国ドラマの主な視聴者は10代〜30代前半の女性であり、全体回答者の73.5%を占めた。人種別にはアジア系が25.5%(1,214人) で最も多かったが、白人も24.0%(1,141人) で高い割合を占めた。

アメリカ人が最も好きな韓国ドラマのジャンルはラブコメディであった。61.8%(2,939人) で圧倒的に多かった。次にラブストーリーが11.7%(555人)、時代劇・大河ドラマが9.9%(471人)、犯罪・アクションが9.2%(435人)の順であった。

最も好きな男性俳優の1位はイ・ミンホ(542人) だった。次にイ・ジュンギ(518人)、イ・ジョンソク(447人)、ソン・ジュンギ(438人)、チ・チャンウク(247人)の順であった。女優1位の栄光はパク・シネ(1,284人) が手にした。コン・ヒョジン(457人)、IU(201人)、ソン・ヘギョ(192人)、ファン・ジョンウム(185人) もトップ5入りを果たした。

最も好きなドラマの1位はKBS「太陽の末裔」であった。2位はSBS「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」、3位はMBC「W」、4位はtvN「シンデレラと4人の騎士」、5位はKBS「オー・マイ・ビーナス」の順となった。