登壇するmiwaと坂口健太郎

写真拡大

 歌手のmiwaと俳優の坂口健太郎が主演する映画「君と100回目の恋」が2月4日、全国190スクリーンで公開。2人は共演の竜星涼、真野恵里菜、泉澤祐希、月川翔監督とともに東京・TOHOシネマズ新宿で初日舞台挨拶を行った。

 miwaは待望の公開に、「全身全霊を込めて、皆で一生懸命作った映画です。たくさんの人の心に響く作品になることを願っています」と満面の笑み。坂口とは、幼なじみで互いに思いを寄せ合う女子大生という役どころだが、「こんなにいちずな幼なじみは周りにいない。『私のこと好きなの?』って聞くシーンは撮影の初日で難しかった。マネジャーさん相手に何度も練習して、その度に違う、違うって言われた」と照れながら振り返った。

 タイトルにちなみ「100回繰り返しても守りたいものは?」という質問が出ると、坂口が「僕は繰り返しません。1回で守ります」と得意げに返答。だが、抽象的な内容だったためmiwaは隣にいた竜星に「言っていることがよく分からない」とポツリとささやいた。

 坂口はmiwa、竜星、泉澤とバンドを組んでいる設定のため「ラブストーリーだけれどバンドものでもあるので、撮影中にカラオケにも行ったし、こんなにいいメンバーと作品ができたのは幸せな瞬間だったので守りたいということ」と説明。miwaはさらに、「バンドのメンバーに、恵里菜入っていないじゃん」とマイクを通さず、毒舌でツッコミを入れ、坂口をタジタジにさせた。

 それでも、「皆で少しずつ育ててきて、ここからは皆さんと一緒に成長し大きな作品になるよう盛り上げてほしい」と気を取り直してPR。ファンから「100回見るよ」の声が上がると、「100回は時間的に難しいかもしれないけれど、30〜40回は見てください」と控えめ!?に訴えていた。