「一心堂」川西、北花田など関西各百貨店で催事 - 大阪・堺発の名店の味、いちごやパインのフルーツ大福

写真拡大

大阪・堺の和菓子ブランド「一心堂」が、川西阪急、北花田阪急など関西各地の百貨店で催事を行う。

一心堂とは

一心堂は大阪の南部、堺市にある和菓子の名店。四季折々の季節のフルーツの素材をそのまま活かした、新鮮で食べごたえのあるフルーツ大福で知られている。春にはいちご、夏にはすいか、秋にはぶどう、冬には柿などバリエーション豊富。現在は堺本店と阪急うめだ本店に店舗を構えている。

食材はすべて国内産。餅の中に包むつぶ餡は風味・香りの強い大粒丹波大納言、白餡は北海道産の上質な手ぼう豆。また、基本となる水はモンドセレクションで大金賞を8年連続受賞している「冨田の水」、卵は全てヨード卵・光を使用している。

苺がまるまる一粒入った「いちご大福」は絶品

「いちご大福」は、国内より糖度、酸味、柔らかさなどを考慮し厳選した苺をまるまる一粒使用。まさに拘りぬいた食材ばかりで完成する「いちご大福」は、口にほおばるといちごの香りと柔らかな餅の食感、白餡の甘さが絶妙に絡まる。

通常の「いちご大福」に加えて、ミルキーな練乳クリームのやさしい甘さと甘酸っぱい新鮮いちごをあわせた「練乳いちご大福」や、大粒の「あまおう」などジューシーないちごを用いて提供する季節限定「いちごの王様」なども展開される。

みかんやパイナップルまで、一心堂ならではの「フルーツ大福」

今回の催事で展開されるのは「モンブラン大福」「みかん大福」「マスクメロン大福」「パイナップル大福」「生チョコバナナ大福」「練乳いちごの王様」など。なかでも、果汁がしたたるほどジューシーな完熟パイナップルをやわらかな大福に閉じ込めた「パイナップル大福」は絶品。

そのほか厳選した国産栗から練り上げた栗きんとんあんを詰め込んだ風味豊かな「モンブラン大福」、マスクメロンの上品な甘さとクリームチーズのまろやかな乳味がクリーミーに調和した「マスクメロン大福」などもおすすめしたい一品。ひとつの大福で大満足のラインナップは、是非この機会に味わってみてほしい。

【詳細】
一心堂 百貨店催事
日時:
・2017年2月5日(日)、21日(火)、28日(火) 北花田阪急
・2月9日(木) 川西阪急
・2月16日(木) 千里阪急
・2月17日(金) 山陽百貨店
・2月26日(日)・27日(月) 西武八尾店
価格:
・キウイ大福、モンブラン大福、パイナップル大福 303円
・いちご大福(白あん)、いちご大福(粒あん) 314円
・生チョコバナナ大福 324円
・練乳いちご357円
・みかん大福、いちごの王様389円
・マスクメロン大福 486円
・マンゴー大福 411円
※単品価格。
※時期・商品により限定商品の展開は異なる。


[写真付きで読む]「一心堂」川西、北花田など関西各百貨店で催事 - 大阪・堺発の名店の味、いちごやパインのフルーツ大福

外部サイト

  • アフタヌーンティー・ティールームで“猫づくし”の限定メニュー - まんまる肉球のパンやネコ型クッキー
  • 資生堂パーラー 銀座本店 サロン・ド・カフェで苺フェア - 第2弾スタート
  • ラ・メゾン・デュ・ショコラの春限定チョコレート「チェリーブロッサム」桜緑茶風味で大人の口どけ