3日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)で、元大関・雅山が、引退後の生活を明かした。

番組では、1998年の初土俵から、わずか12場所の最速スピードで大関に昇進したものの、2013年に引退した雅山を取り上げた。現在39歳の雅山は現役時代より50キロ痩せ、3LDKのマンションで妻・侑加さんと長男・雅功くんと共に暮らしている。

力士を引退した現在、藤島部屋で二子山親方として指導にあたっているが、夢は自分の相撲部屋を持つことなのだそう。そこで、侑加さんの提案もあり、「Twitterを使用して弟子を募集する」という今までにない方法を試みているという。Twitterを多くの人にみてもらうため、自身とギャップがあるスイーツの情報や猫の情報を載せた結果、フォロワー数は2万人以上になっているそうだ。

さらには、都内で焼肉店「焼肉 みやび山」をプロデュースしていることを明かす。国産牛を低価格で提供するため、相撲ファンだけではなく、地域住民にも人気とか。このプロデュースについて雅山は、各界が誰もが関取に上がれる世界ではないとし、「辞めた弟子たちに対して、最大限の就職先を見つける一環」と、弟子のセカンドキャリアを考えてのことだと紹介する。

このような地道な準備により、雅山が進める相撲部屋には4人の弟子が内定している。侑加さんは「地域の方々に可愛がってもらえるような、あったかい部屋になったらいいなと思います」と目標を語っていた。

【関連記事】 
貴花田キラーと呼ばれた元力士・三杉里が引退後の借金生活を明かす
元大関・把瑠都凱斗が破った相撲界の掟…玉袋筋太郎が暴露
貴闘力がギャンブル依存症後の現在の生活を告白「まだ借金払ってる」