小山薫堂「半世紀ぶりの水陸両用機」で瀬戸内周遊の旅

写真拡大

放送作家・小山薫堂が、日本では半世紀ぶりとなる水陸両用機で”東洋のエーゲ海”と呼ばれる瀬戸内の遊覧飛行を体験。隠れ家リゾートホテル「ベラビスタスパ&マリーナ 尾道」の魅力も合わせて紹介する。

11月17日、広島県尾道市の東の端に位置する浦崎町に僕はいた。天気は良好。午前10時20分の便に乗るため、ホテルを9時に出発する。送迎のバンで海までの坂道を降りていくと、約5分でオノミチフローティングポートに到着した。

僕がこれから乗るのは2016年8月10日、「せとうちSEAPLANES」が運航を開始したばかりの水陸両用機、いわゆる水上飛行機である。海や湖に離着水できる水上飛行機は、1960年代半ばまでは伊丹空港から南紀白浜や新居浜(にいはま)までを飛ぶ定期便が運航されていた。だが、陸上空港が整備されてきたため、その後はずっと途絶えていたという。
 
水上飛行機に乗った経験はカナダのバンクーバーで一度だけある。地を這うように湖を渡る水上飛行機からの景色は、まるで鳥の目線を獲得したかのようだった。湖の多いカナダでは、水上飛行機はメジャーな移動手段で、観光客や旅行客だけでなく、通勤や出張で使う人もいると聞く。場所やニーズに応じてさまざまな使い方ができる、魅力ある乗り物なのだ。だから、日本国内で半世紀ぶりに水上飛行機が登場すると聞いて、心が躍った。しかも、瀬戸内の美しい島々を鳥の目線で遊覧飛行できるだなんて。

案内された建物に入ると、半円の連なる、ちょっと宇宙船のような雰囲気の短い廊下の奥にチェックインカウンターがあった。ここでは飛行機に持ち込む手荷物とともに、自身の体重もチェックされる。飛行機のバランスに影響するためで、この数字をもとに搭乗者すべての座席が決められるのだという。

カウンターの左手には、マリーナを一望できる搭乗者専用ラウンジがある。マリーナというのは、昨晩僕が宿泊した「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」所有のベラビスタマリーナのことだ。クルーザーやヨットを停泊してホテル滞在を楽しんだり、ボート免許を取得することができる。

また夏にはジェットスキーに海釣り、ランチクルーズやサンセットクルーズ、無人島エグゼクティブBBQなど、さまざまなマリンアクティビティも体験できる。これからはプーケットやランカウイまで出かけなくても、「多島美(たとうび)」や「東洋のエーゲ海」などと呼ばれる瀬戸内海の景観のもとで、至福の時間を過ごせるというわけだ。

ラウンジは落ち着きのあるアンティーク家具をゆったりと配置した、心地のよい空間になっている。ソフトドリンク、ワイン、シャンパン、ご当地スナックなどが常備され、搭乗客は時間が来るまで思い思いの時間をそこで過ごす。僕はラムネを飲んだ。


搭乗20分前、いよいよ保安検査室へと移動。安全上の注意点を聞いてから検査室を出ると、目の前の桟橋に水上飛行機が佇んでいた。グレーに青いラインが美しい機体はぴかぴかに磨かれ、太陽の光にきらめいている。指定された座席に乗り込めば、革製のシートの座面は広くて座り心地がよい。4点式のシートベルトのつけ方は操縦士がしっかりと教えてくれた。なんだかディズニーランドのアトラクションにでも乗るようで、期待が高まる。

本日の遊覧飛行は「せとうちディスカバリーフライト」。尾道水道や、日本遺産に認定された村上海賊ゆかりの芸予諸島をぐるりと巡る。所要時間は約50分。

パイロットシートの右に座った運航関係者が「本日の機長はJAL出身、僕はANA出身ですが、空の上で喧嘩したりしませんから、大丈夫ですよ」と冗談をいい、機内が沸く。ふたりともボーイング767や777など、ジャンボジェット機の機長を長くされていた方々らしい。

機体はゆっくりと動き出した。当然、海の上に浮かんでいるので、最初の体感は船である。だが、スピードをあげて離水すれば、そのあとは飛行機になる。当たり前だけど、その感覚が新しい。
 
水上飛行機は離水後、高度700m程度の高さで飛行する。揺れはほとんどない。座席が右側か左側で見える風景が違うけれど、たとえば「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなっている瓢箪島の場合は旋回してくれるので、どちらに座っていても同じ風景を楽しむことができる。僕はiPhoneで何枚か撮影しつつ、瀬戸内の大小の島々を自分の目でも焼き付けるように見ていた。そして、和田竜さんの『村上海賊の娘』と井上ひさしさんの『ひょっこりひょうたん島』を読むことを心に決めた。

”気づき”を与えてくれる旅
 
前日に宿泊した「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」の魅力についても語っておきたい。ここは造船業を営む常石造船の大切なお客様をお迎えする迎賓館として1973年に誕生。2007年9月に大規模リニューアルを行い、瀬戸内海を一望できるオーシャンビューの隠れ家リゾートとして生まれ変わった。

僕は16年6月に初めて泊まったのだけど、すごくセンスのいい宿だなと思った。まずビューがいい。リノベーションも上手い。オーナーの個性も随所に出ている。たぶん世界中の素晴らしい宿に泊まってきたのだろう。「自分がつくるのであればこういうのがいい」という理想形を、まだ完成はしていないかもしれないけれど、誠実に追い求めている印象がある。



特に食事の美味しさは注目に値する。前回の夜はメインダイニングの「エレテギア」でいただいたのだが、星付きレストランかと思うほど美味しかった。とりわけキッチンを目の前にするカウンターでの食事はダイナミックなライブ感があってお勧めだ。今回の夜は「鮨 双忘(そうぼう)」にて。「瀬戸内の旬素材を使った鮨で、江戸前と瀬戸内らしさを堪能できる」と聞いていたけれど、白身と青魚で構成された思い切りの良さに感服した。瀬戸内海の資源の魅力をあますところなく伝えていると思う。
 
そして驚くのが朝食だ。洋食と和食が選べるのだが、僕は和食をお勧めしたい。和会席「japanese Dining SOBO」でのブッフェスタイルで、地元の食材を使用した約20種類のおばんざいが並ぶ。加えて、自然飼育の有精卵「神勝寺たまご」と、料理長謹製「瀬戸内の干物」がついてくる。しかも、シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルドが朝から飲み放題(笑)。これを至福の朝食といわずとしてなんといおう。ベラビスタはある意味、食べるために泊まる”オーベルジュ”でもあるのだ。
 
だが、なにより僕がベラビスタを素晴らしいと思うのは、ラグジュアリーでありながら、地元の匂いがちゃんと残っているところだ。外部の人間が地方に土地を購入して、都会の感覚や価値観のみでつくり上げるリゾートとは一線を画している。

いわばベラビスタは、地元に暮らしている資産家(オーナー)が自分の理想を示すことによって、尾道の魅力をこの地に暮らす人たちに気づかせている感じがするのだ。なんでもない風景に外部からきた旅行者が感動することによって、「私たちの町はこんなにいいところなんだ」という気づきのきっかけを与えているような。
 
実際、あとで聞いて驚いたのだが、遊覧飛行に搭乗するお客様の40%が、地元の皆さんなのだという。おばあちゃんと孫とか、長年連れ添ったご夫婦とかがそろって生まれ育った島を上空から眺めるのは、さぞかし楽しくて有意義な体験だろうなと思う。
 
旅は”きっかけ”を生み出すものだ。真の新しさとは何かを知るきっかけ、自分自身を見つめ直すきっかけ、ライフスタイルや残りの人生をあらためて考えるきっかけ。料理の美味しさや風景の優美さ以上に、人に気づきを与えてくれる、それが最良の旅だと僕は思っている。