メルセデスのコンパクトセダン、「Cクラス セダン」のハイパフォーマンスモデル「AMG C43」改良型プロトタイプを、カメラが北欧で初めて捉えました。

1

ヘッドライト、フロント&リアバンパー、エアダクトのデザインが一新されることは容易に想像できますが、注目は隠されたフロントグリルです。

これまでAMGのグリルといえば、ドットが散りばめられたデザインでしたが、改良型では、縦にメッキフィンが配置される「AMG GT-R」風のパナメリカーナ・グリルが採用される可能性があるようです。

AMGの次世代アイコンとなるパナメリカーナグリルは、C43をよりワイルドに、そしてスポーティーに引き立てます。

パワートレインは3リットルV型6気筒に代わり、直列6気筒を搭載し、最高馬力は380ps程度に引き上げられる可能性高いようです。

また、インパネにはEクラスに採用された高解像度デュアルディスプレイを搭載し、インフォテインメントシステムのアップデートがなされます。

ワールドプレミアは2017年、ベースの「Cクラス」と同時公開される可能性もあります。

(APOLLO)

隠されたグリルの秘密…メルセデスAMG C43改良型がGT-R顔に!?(http://clicccar.com/2017/02/04/442542/)