現役引退を表明したFW中村祐輝

写真拡大

 ジュビロ磐田は4日、昨季まで所属したFW中村祐輝(29)が現役を引退すると発表した。

 同選手は藤枝東高、国士館大出身で、卒業後はルーマニアやチェコ、スロバキアのクラブでプレー。13年に帰国してFC岐阜に所属すると、15年から磐田に移籍していた。

 生涯成績はJ2リーグ戦25試合2得点、カップ戦2試合、天皇杯6試合4得点だった。

 クラブを通じ「これまでのサッカー人生、たくさんの人々に支えられ、歩んできました。僕に携わってくれた全ての人々に感謝したいです。また、サッカー人生の最後に地元の名門であるジュビロ磐田でプレーできたことを嬉しく思います。今まで応援ありがとうございました」とコメントした。


●2017年Jリーグ移籍情報