小泉今日子と福島マリコの誕生日をお祝いするべく、ご当地ヒーローも駆け付ける!?/(C)NTV

写真拡大

毎週土曜、日本テレビ系にて放送中の「スーパーサラリーマン左江内氏」。同ドラマに出演する小泉今日子の誕生日をキャスト陣がお祝い。その様子が、番組公式Twitterにて紹介された。

【写真を見る】2月4日(土)放送の第4話では、円子(小泉今日子)の「コタツ司令官」ぶりにも注目!/(C)NTV

パッとしない中年サラリーマン・左江内(堤真一)が、ひょんなことからスーパーヒーローとなり、街の平和を守る傍ら、家庭や職場のトラブルを解決しようと奮闘する姿を描く同ドラマ。脚本・演出を務める福田雄一のこだわりが随所に見られる爆笑シーンと、一風変わった家族愛が大きな話題を集めている。

撮影現場では、2月4日に誕生日を迎えた小泉と、2月8日が誕生日という木手役の福島マリコを合同でお祝い。2月18日(土)放送の第6話で、左江内が家族と遊園地を訪れるシーンを撮影後、堤真一、島崎遥香、横山歩の「左江内家」メンバーを中心に温かな雰囲気でセレモニーが行われた。

番組公式Twitterに投稿された写真には、堤、島崎、横山の「左江内家」メンバーに加え、神出鬼没なフリーター・米倉を演じる佐藤二朗や、ご当地ヒーロー「絢爛郷土カヌマン」の姿も。彼らがどんな形で登場するのかも注目だ。

この投稿には、番組や二人のファンから数多くのお祝いコメントが寄せられ、中にはメッセージと共に、番組にちなんだイラストを投稿する人も登場。二人の愛されぶりをうかがわせた。

2月4日(土)放送の第4話では、左江内(堤真一)が簑島(高橋克実)から2日後に迫ったクライアントへのプレゼンを突然任されてしまう。期日まで時間がない中、左江内は他の部署と連携し、何とかプレゼンを形にする。

だが、左江内は円子(小泉今日子)から、同じ日に開催されるもや夫(横山歩)の保護者同伴遠足に行くよう命じられてしまう。ママ友とけんかをしたことを理由に、遠足に参加することをかたくなに拒む円子に困った左江内は、老人(笹野高史)に“コピーロボット”を出してほしいと依頼する。

また、番組公式Twitterには「今夜の4話は、ある意味円子ママと長友の回」という意味深な言葉も。果たして、円子と“長友”の関係とは? 真相は放送で確認しよう。