ルパンと五ェ門の関係性そのままの二人!

写真拡大

映画『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』の初日舞台挨拶が2月4日に新宿バルト9で開催され、栗田貫一、浪川大輔、小池健監督、浄園祐プロデューサーが登壇。栗田が「浪川大輔が石川五ェ門になった作品」と五ェ門役の浪川を讃えた。

【写真を見る】栗田貫一と浪川大輔が『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』公開を祝して鏡開き!

本作は、「ルパン三世」の原点をリビルドし、若きルパンたちを描いた「LUPIN THE IIIRD」シリーズの第二弾。不死身の強敵に敗れた石川五ェ門の最強への目覚めと、若き男たちの生き様をアクション満載で描く。

ルパン役の栗田は、「収録中は浪川大輔という人が悩み苦しみ、五ェ門をどう演じるのかという瞬間があった」と大役を演じる浪川の苦悩を目の当たりにしたそうで、「それを乗り越えて作った作品。まさに、浪川大輔が石川五ェ門になった作品」と太鼓判を押した。

さらに栗田が「心よりお祝いを申し上げます」と労うと、浪川は「そう言っていただけるとうれしい」と感無量の面持ち。会場からも拍手が沸き起こるなか、「プレッシャーのなか、2年くらい前からプロデューサーに『次は五ェ門だぞ』と言われ続けてきた。まだまだ石川五ェ門像を追っていた自分だった」とプレッシャーがあったことを告白。「栗田さんをはじめ、みなさんに背中を支えてもらいながら、精一杯演じさせてもらった」と思いを明かした。

栗田も「劇中のルパンと五ェ門の関係そのまま」と述懐。五ェ門という役について「難しいよね」と話し、「大ちゃんが自問自答して見つけていかなければいけないと思った。見守っている感じで、ルパンのようになっている瞬間があった」と劇中とリンクするような関係性だと言う。

苦闘しながら五ェ門像を見つけていった浪川は、「これからもプレッシャーを感じつつ、大切に演じていきたい」と改めて気を引き締める。再び栗田は「浪川大輔が石川五ェ門になった」と力を込め、「沢城みゆきはいつの間にか峰不二子になった。モノマネ的な意味でいうと、前の不二子ちゃんとはひとつも似ていない。でもなぜか、どう見てもどう聞いても峰不二子。ものすごく力のある人。山寺宏一も見事に銭形になった。大ちゃんがまさにそういう意味で、本当に石川五ェ門になった気がする」とキャスト陣に厚い信頼を寄せていた。【取材・文/成田おり枝】