もう二度と会わないんだろうなと思っていたら偶然の再会。

そしてまったく別の場所で、もう一度再会……。

打ち合わせもなしに遭遇できるなんて、これこそ運命!?

きっと今まで恋をしてきた中で、ビビっと運命を感じた相手があなたにもいるはず。もしかしたら、今は隣に誰もいなくても、もう出会っているのかも!?

そこで今回は、恋愛で「運命」を感じる瞬間をご紹介いたします。

誕生日が同じ

日々過ごしている中で、なかなか同じ誕生日の人には巡り会えません。1日違い程度は会っても、生年月日がすべて揃うことはなかなかないはず。

たまたま知り合ってデートをするようになって……そんなとき、もしも彼と同じ誕生日だと知ったら運命と感じちゃうでしょう。

お付き合いすることになったら、2人の誕生日を同時に祝えるのです。

めったに聞かない話だからこそ、余計にお互いに運命を感じたり。赤い糸を引き寄せた先には、きっと彼がいてくれるでしょう。

たまたま近くに住んでいた

知り合った場所は会社や学校。しかし、仲良くしていうちに近くに住んでいたことが発覚。

こんなとき、女性は相手に対して運命を感じるものです。特に会社や学校のように何万人規模の中から「駅が隣」「数駅しか離れていない」人と仲良くなれているなら、もう目の前にいる男性は、間違いなく運命の人と断言していいでしょう。

地元に住んでいる人しか分からないようなことが話せると、さらに2人の距離は縮まることに。自然な流れでお互いの部屋を行き来する関係になれるかもしれません!

仕事帰りでもギリギリまで一緒にいれるから、余計に仲が深まっていくはずです。

何回も偶然に会う

打ち合わせしたわけでもないのに、何回も遭遇する。

会社の休憩室に入るタイミングも同じで、最寄駅から帰るときにも遭遇して……。

書店に入れば、彼も来ていて。何回も遭遇しているなら、さすがにお互いに運命を感じざるを得ないでしょう。決して漫画やドラマの世界だけの話ではありません。本当にお互いに興味をもっていたり、運命のパートナーだったりすると、こういった不思議な現象が起きるのです。

偶然に会う確率が高まってきているなら、それだけお互いにご縁を引き寄せている証拠。たまには、あなたから「今度、お茶でもいかがですか?」と一言声をかけてみては?

家族構成がまったく一緒だった

いろいろと話しているうちに、お互いにまったく同じ家族構成。

たとえば一人っ子同士で付き合うのは、なかなか珍しいですよね。一人っ子というと、どうしても周りから甘やかして育てられてきているといわれていますが、実際は両親がいない時間も一人で過ごさなければいけなくて、一匹狼タイプの場合も多いのです。

一人っ子同士だからこそ分かる価値観や考え方がたくさんあるのも事実。

それは他の兄弟構成であっても、同じことがいえるでしょう。

たまたま知り合って最近、仲良くしている人が兄弟構成まで同じなら、そのまま関係を進めるしかありません!

「運命」って大げさかもしれないけど、偶然や共通点が多ければ多いほど「運命」を感じちゃうのが女心。

運命の人は、あなたがそう確信すれば運命の人。今は出会えていなくても、信じていれば、いつかは巡り会えるでしょう。

その代わり、サインをキャッチしたら、逃さないように、いつでも走りだす準備だけはしておきましょう!