PDが選ぶ「2017 ライジングスター」注目すべき新人男性スター篇

写真拡大 (全5枚)

2016年、視聴者はもちろんプロデューサー(以下、PD) の目を奪った新人俳優たちがいる。韓国地上波3社をはじめ、ケーブルチャンネルtvNや総合編成チャンネルJTBC、制作会社のドラマPD15人が意見をまとめ、2014年〜2016年にデビューした新人の中で2017年“さらに上手くいきそうな俳優10人”を選んだ。ビジュアルから演技力まで合格点をもらい、PDの目に入ってきた栄光の主人公たちに注目する。(※得票順)[編集者注]

◆ヤン・セジョン−2016年デビュー(5票)

2016年作SBS「浪漫ドクターキム・サブ」

ヤン・セジョンは「浪漫ドクターキム・サブ」で初めて視聴者と会った。彼はキム・サブ(ハン・ソッキュ) に会った後、自分が正しいと信じてきたものを疑い始めている若い医師ト・インボムを演じ、新人とは思えない安定した演技で視線を奪った。内面の葛藤と徐々に変化する様子を上手く表現し、好評を得た。「浪漫ドクターキム・サブ」の後番組で放送される「師任堂(サイムダン)、色の日記」にも出演予定で、期待を集めている。

KBS PD A:「浪漫ドクターキム・サブ」で見せた姿からでも十分に可能性が滲み出ている。ルックスも良く演技力も安定した方だ。長年の経験があるPDが色々と言及し称賛している俳優の一人である。

SBS PD C:「浪漫ドクターキム・サブ」で新人とは思えない安定した演技と、自然な雰囲気を見せていて印象深かった。

◆イ・テファン−2014年デビュー(4票)

2016年SBS「帰ってきて、おじさん」、MBC「W」、MBC「お父様、私がお世話します」

イ・テファンは、グループ5urpriseのメンバーで、昨年「帰ってきて、おじさん」から「W」、「お父様、私がお世話します」に至るまで、強さと柔らかさを行き交う多彩な演技をしてきた。前作「W」でカン・チョル(イ・ジョンソク) のボディガードを務め、タフな姿を披露し、「お父様、私がお世話します」では礼儀正しく誠実な青年ハン・ソンジュンに扮し新たな魅力を披露した。

MBC PD A:「高慢と偏見」から注意深く見守っていた。良い眼差しを持った俳優だと思う。背も高くハンサムな顔もいいが、誠意を感じられる澄んだ瞳が、今後素晴らしい俳優になっていくだろうと期待させる。

tvN PD B:何もしなくても画面の掌握力が素晴らしい。何らかのエネルギーやオーラのようなものがあり、視線が行ってしまう俳優だ。

◆キム・ジョンヒョン−2015年デビュー(2票)

2016年作SBS「嫉妬の化身」

キム・ジョンヒョンは、「嫉妬の化身」で、ピョ・ナリ(コン・ヒョジン) の弟ピョ・チヨル役で登場し目を引いた。映画「超人」で見せてくれた清涼さと初々しさを「嫉妬の化身」のピョ・チヨル役に活かしたのはもちろん、和やかながらも個性のある魅力で一気に好感度の高い俳優になった。大先輩コン・ヒョジンとの息も十分な演技を披露し、ドラマデビューを成功裏に終えた。

SBS PD A:新人だが、演技する姿で確信させる俳優のうちの一人である。年齢のわりにはひたむきで誠実な面もあって、今後一層期待される俳優だ。

JTBC PD B:多くのことが詰まっている眼差しが良い俳優だ。ユニークだが真面目な雰囲気で、今後様々な配役をこなしていくものと思われる。

◆キム・ミンソク−2014年デビュー(2票)

2016年作KBS 2TV「太陽の末裔」、SBS「ドクターズ」

オーディション番組出身のキム・ミンソクは「太陽の末裔」に出会い、仕事運が炸裂した。可愛い新米兵士キム一等兵を演じた彼は、自然な演技で存在を知らせ、スター俳優として浮上した。「ドクターズ」においても、レジデント1年目のチェ・ガンスで人気を博し、さらに劇中で髪の毛を刈る姿で視線を集めた。「ランニングマン」、「ラジオスター」、「コンノリぺ」などホットなバラエティでも活躍した彼は、「2016 SBS演技大賞」のニュースター賞に「2016 SBS芸能大賞」ベストエンターテイナー賞まで得て人気を証明した。

KBS PD B:キム・ミンソクは、マスクも本当に良く演技も素晴らしい。何よりも、視聴者に馴染みの魅力を持っているということが大きな利点でもある。

tvN PD C:助演で登場しても、とてもインパクトがある子だ。演技も安定感があって、どんな配役でも無理なくこなすことができる、信頼できそうな俳優だ。

◆キム・ミンジェ−2015年デビュー(2票)

2016年作MBC「マイ・リトル・ベイビー」、SBS「浪漫ドクターキム・サブ 」、tvN「鬼」

キム・ミンジェは幸せな2016年を過ごした。「マイ・リトル・ベイビー」を皮切りに、「浪漫ドクターキム・サブ」、「鬼」などの人気ドラマに立て続けに出演し、注目すべき新人として浮上した。「浪漫ドクターキム・サブ」では、唯一の男性看護師パク・ウンタクを熱演しひたむきながらも優しい雰囲気で女心を揺さぶった。「鬼」では死神イ・ドンウクの前世である若い王として登場し、強烈な印象を残した。「2016 SBS演技大賞」ではキム・ミンソクとともにニュースター賞を受賞し、今後をより一層期待させた。

MBC PD B:若い年齢なのに多彩な魅力を持った俳優だ。同年代で目に入る俳優を探すのは難しい。そんな意味でも関心を持って見守るべき俳優だ。ビジュアルも素晴らしく豊かな表情と感情演技も一目置いている。

SBS PD B:「浪漫ドクターキム・サブ」と「鬼」で、全く違う役を演じていたが違和感がなかった。キャラクターをこなす力も本当に上手い子で、演技のイメージも多様なので、多くのPDが欲しがる俳優だ。