マクドのチキンタツタが復活したった!新メニューも同時発売

写真拡大

最初にどうでもいい話ですが、マクドナルドを略する時、マック派ですか?マクド派ですか?マクダァァァナルッ派ですか? ちなみに筆者はマクド派です。

さて、そのマクドことマクドナルドの公式Twitterが2月8日から復活するチキンタツタについてツイートしており、話題になっています。

【関連:親子連れが知っとく便利な「マクドナルド」の特殊オーダー】

チキンタツタは日本のオリジナルメニューとして開発され、1991年に限定メニューとして初登場しました。生姜醤油風味の鶏を竜田揚げにし、キャベツやマヨネーズと一緒にふんわりとしたバンズでサンドしたスタイルが大受けして1992年にはレギュラーメニューに昇格。しかし一度2004年に販売が終了し、ファンからは悲痛な声が。
復活を熱望する声を受けて、それから5年後の2009年に限定メニューとして復活し、それから不定期に期間限定で販売されています。

今回はチキンタツタに加え、タルタルソースを挟んだ“チキンタルタ”も同時販売。価格はそれぞれ単品380円(税込)です。
リッチな具材と濃厚なたまご感にこだわった逸品だそうで、ぜひチキンタツタファンは両方味わって欲しいとのことです。

さらに、チキンタツタ&チキンタルタの限定発売と同時にチキンマックナゲットの限定ソース「しょうが醤油ソース」と「タルタルソース」も限定販売。

この機会にチキンタツタの魅力に触れて、さらに美味しさの奥深さを堪能しちゃってくださいね!

・出典:マクドナルド(@McDonaldsJapan)

(大路実歩子)