Googleは3日、ウェブマスター向け公式ブログにてウェブサイトの品質の評価方法に改善を加えたと発表。ユーザーに有用で信頼できる情報を提供することよりも、検索結果を上位に表示させることに主眼を置いた品質の低いサイトの順位が下がるようした。

 今回の改善により、オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示される。低品質なサイトが日本語検索で上位表示されることへの対策として行われたもので、DeNAが運営していた「WELQ」を始めとする一連のキュレーションサイトなどの問題を受けた対策と見られる。

 同社は、このような改善によって、ユーザーに有用で信頼できるコンテンツを提供するサイトを正当に評価して、高品質なウェブサイト作りの助けとなることを期待すると述べている。また、今回の変更のみで日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていないとし、検索品質向上のために今後も継続的にサイトの品質評価アルゴリズムの改善を行っていくとしている。