菊地亜美

写真拡大

3日放送の「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)で、菊地亜美が、過去に受けた手術の悩みを打ち明けた。

番組の「ギョーカイ残酷物語」としたテーマで、菊地は滑舌をよくする手術を3年前に受けた話を始める。菊地によると、舌の裏の筋(舌小帯)が短くて歯の間に挟まってしまい、舌を前にあまり突き出せなかったそうだ。すると、歯医者から舌小帯を切ると滑舌がよくなり、費用は1万円でできると勧められたのだとか。

そこで手術を受けてみたところ、舌の裏側に隙間ができ、食後にはご飯粒が詰まるようになったのだという。さらに、朝目覚めると枕が血だらけになったこともあったらしい。

ところが、肝心の滑舌はあまり良くなっていないようで、歯医者に一度尋ねると「6年後に徐々に変わってくる」と言われたそうだ。上沼恵美子が「(最近は)よくなってきてる?」と質問するも、菊地は「あんまりわかんなくて」と効果が実感できない現状を嘆いていた。

【関連記事】
菊地亜美が紹介したLINEの「名前スタンプ」が話題「初めて知った」
ヒロミが菊地亜美を大絶賛する理由「いい根性してんなあと思って」
上沼恵美子 木村拓哉の今後に太鼓判「あの人はずっと君臨する」