充実した表情を見せた原江里菜(撮影:佐々木啓)

写真拡大

3日(金)、原江里菜が港区にある泉華荘にて行われた所属先のNEC主催による激励会に出席。今シーズンへの意気込みを語った。
ドレス姿も!美人ショットメーカー原江里菜フォトギャラリー
正月明けから2週間、宮古島で合宿を張った原。可動域を広げるトレーニング、打ち込みを行い技術的なレベルアップに手応えを感じたのはもちろん、何よりの成果として挙げるのがメンタル面だ。
「自分はどうして頑張りたいのかを突き詰めたときに、私は自分のためというよりも周りの人を幸せにしたいからだと再確認できた。何故なら周りの幸せな顔を見ると自分も幸せな気分になるから」。どうしてゴルフをやりたいかがはっきりし、何かを選択するときの軸ができたことで迷いがなくなった。
そうして迎えるプロ10年目の目標は「1億円プレーヤー」。そのうえで「去年全英オープンに出る権利があったのに出なくてもったいなかったという気持ちがあるので今年は出たい。去年だめだった全米女子オープンも予選会までに目途が立てば挑戦したい」と海外参戦も見据える構えだ。
激励会で樋口久子相談役に「プロは勝たないとダメ。3勝とか5勝とか言わなくていいから1勝してください」と発破をかけられた原。「プレッシャーかけられることは幸せなことだと感じて。今年こそは優勝を報告します」。自分を支えてくれる多くの人を幸せな顔にするべく10回目の開幕へ調整していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>