映画『きょうのキラ君』飯豊まりえインタヴュー:「私、けっこう泣き虫なんです」

写真拡大

映画『きょうのキラ君』でヒロイン・岡村ニノン役を演じた飯豊まりえ。ここでは、本誌連載『a girl with the guitar』に掲載されたインタヴューのロングバージョンを公開。

―今回、岡村ニノン役を演じてみていかがでした?

自分のやってきた役柄の中では、いちばんしっくりきていたと思います。ニノンは本当にまっすぐな女の子なんですが、とても楽しんでできたので、作品に対しても思い入れがありますね。

―まっすぐといえば、映画の中でもセ笋皀ラくんのお嫁さんになりたいイ覆鼻普段は照れてしまうようなセリフが多々登場しますよね。

そうなんです、かなりの直球で(笑)。でも、素直に自分の気持ちを伝えられるニノンはすごいと思います。私自身、役を演じながら彼女からたくさん勇気をもらいました。ニノンは大好きなキラくんがいなくなっちゃうかもしれないので、絶対後悔しないように気持ちを伝えようとします。そういったふうに、思いを溜め込まないようにするのは大事ですよね。私も大切な人、家族や友達などに気持ちを伝えていこうと思いました。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―ちなみに飯豊さん、以前ナレーションを担当されていた『あなたは今幸せですか?』というドキュメンタリーではとても落ち着いた感じで話されていたので、ニノン役を演じている時のギャップにけっこう驚かされたのですが。

今回は明るくてあったかい作品なので、ニノンを演じる時はキャラクターっぽく、ちょっと子供っぽさを入れたんですね。『あなたは今幸せですか?』の時は普段の自分だったんですが、ニノンの時は声やしゃべり方も変えていたので、そう思えたのかもしれません。ただ、撮影期間はずっと役になりきってるタイプなので、この映画を撮っている時はまわりの方からもイ覆鵑世幼くなったねイ辰討垢瓦言われました。番組でナレーションをしていても、自分ではイ舛腓辰肇縫離鵑辰櫃い放イ隼廚辰燭蠅靴董

―役作りの参考にしたものはあります?

いちばんは川村(泰祐)監督です。監督の歩き方や動き方がすごくテキパキしていて、イ海譴もし女の子だったら面白いなイ隼廚辰董4篤弔呂靴磴戮衒もすごくかわいいので、寺田 心くんと監督を同じくらい参考にしました。


写真前列が川村泰祐監督 (C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―おおっ、そこで心くん(笑)。監督からは、今回の役について話はありました?

場面ごとに心情を教えていただいたりはしましたが、基本的には自由でした。でも監督のイメージされているザ札ュンイ亡悗靴討蓮△靴辰りと演出してくださって。とても演じやすかったですね。監督はこれまでいろんな胸キュンの映画を撮られているんですが、実際に教えていただくと、イ海Δい考え方、こういうお芝居の仕方があるんだイ辰憧尭阿靴泙靴拭


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―キラくんこと、吉良ゆいじ役の中川大志さんとは前からお仕事をされていたそうですね。

中川さんのことは中学生の頃から知っていて、仲良しの友達なんです。今回は恋人どうしの役ということで、最初はどうなるんだろうとちょっと思ったんですけど、いざ始まってみたら全然問題ありませんでした(笑)。逆に、ずっといっしょにお芝居をしているというのが初めてだったぶん、これまでは気づかなかった一面も知れて面白かったです。私の中で中川さんはちょっと天然なイメージなんですけど(笑)、お芝居に対する姿勢や演じ方はすごく真面目で誠実だったので、素敵な役者さんだなってあらためて思いましたね。

―自分では自分のことをどう思います?

私ですか?・・・まず、人見知りはしないです。あと、笑いのツボが浅いです。人が笑ってると、釣られてすぐ笑っちゃいますね。時々オチよりも前に笑いすぎて、かえってオチで笑えなくなってしまったりします。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―イ匹Δ靴討修鵑覆箸海蹐脳个Δ簾イ辰童世錣譴泙擦鵝

よく言われます。イ┐叩△修魁イ辰董

―(笑)では撮影で苦労した点なども。

胸キュンシーンは全般的にそうだったんですが、特にゥーテンの刑イ了1討脇颪靴ったです。スタッフの方がカーテンの厚さからこだわっていたところだったので、私も中川さんも甘い気持ちじゃ現場に行けないなって思って。この場面でどう観ている方をキュンキュンさせられるか、ふたりで考えて、まずカーテンのはじを持ってキュッと寄せたらニノンが近寄って1キュン、顔が近くなってキスして2キュン・・・と、練習したりしていました。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

―そうやって数えていったら、映画一本を通していったい何キュンまでいくんでしょうね。続けて映画のシーンでいうと、動物園の部分でニノンがかなり詳細に動物について説明するところがありますよね。あそこもセリフを覚えるのが少々苦労しそうではありましたが。

そうです、あの場面は今回の撮影の中でいちばん大変でした。撮影の日がとても寒くて、しかも雨。映画の中で最初に出てくる猿山の部分が、あの場所でいちばん最後の撮影で。時間的にもぎりぎりだったので、1度で撮れなければおしまいという状況だったんですね。セリフが当日変更になったり、量も多かったりしたので、必死で覚えました。おかげで動物について少し詳しくなったかもしれません。

―キラくんは本当によく泣くんですけど、男性が泣くことについてはどう思います?

私はタ瓦魑してくれているんだなイ箸Δ譴靴感じます。普段泣いたりしそうにない方が涙を流している姿にはキュンときます。もしそんな場面に遭遇したら、私も泣いちゃうかもしれないですね。私、けっこう泣き虫なので。


Photograph by Tsukasa Kubota

―飯豊さん、笑いといい、涙といい、なかなか共感力が高いですね(笑)。ではこのコーナーのテーマであるゥターイ砲弔い討癲

ギター自体は以前、泉谷しげるさんからサイン入りギターをいただいて、持っているんです。もう、ご本人は覚えていらっしゃらないかもしれませんが・・・(笑)。実は私、この映画の主題歌を担当されている[Alexandros]の川上洋平さんにギターを教えていただいたこともあるんですね。私の好きな『starrrrrrr』という曲のイントロ部分だったのですが、もうだいぶ忘れてしまって。でも、いっしょに教えていただいたチューニングだけはまだできます。チューニングなら、いつでも任せてください(笑)。


(C)2017「きょうのキラ君」製作委員会

MARIE IITOYO
飯豊まりえ 1998年1月5日、千葉県生まれ。2008年に『ニコ☆プチ』にてモデルデビュー。その後、『nicola』『Seventeen』で専属モデルとなる。現在、話題の映画やドラマ、CMなどで活躍中。2015年はNHK連続テレビ小説『まれ』、2016年はドラマ『好きな人がいること』に出演、また映画『MARS〜ただ、君を愛してる〜』ではヒロインを好演した。2017年は本作のほか、清水富美加と共にW主演を務める映画『暗黒女子』も4月1日に公開。

『きょうのキラ君』
監督/川村泰祐
出演/中川大志、飯豊まりえほか
2017年2月25日(土)より、全国ロードショー
http://kirakun.jp/

飯豊まりえ写真
Photograph by Tsukasa Kubota Styling by Yusuke Arimoto (NANAKAINOURA) Hair & Make-up by Maki Sakate
Guitar / Gretsch G6136T-WHT Players Edition Falcon ¥500,000(株式会社 神田商会 Tel 03-3254-3611 http://www.kandashokai.co.jp)