魚焼きグリルが大活躍!「チーズメルト・パニーニ」の作り方

写真拡大

日本のキッチンであれば大抵ついている魚焼きグリル、魚を焼くだけではもったいない!そこで今回は、魚焼きグリルを活用して、チーズとツナをたっぷり挟んだパニーニの作り方をご紹介します。魚焼きグリルをちょっと変わった使い方をすることで、専用の道具を使ったような綺麗な焼き目がつけられますよ。

【 写真入り記事は関連記事 「元記事」 からチェック! 】

■ 材料(1人分)

・6枚切食パン・・・1枚
・ツナ缶・・・1缶
・玉ねぎ・・・1/4個
・ピザ用チーズ・・・30g
・マヨネーズ・・・大さじ2
・塩こしょう・・・少々

■ 作り方(調理時間:15分)

◎ STEP1:下ごしらえ

食パンを半分に切り、断面の方から包丁を入れてポケット状の切れ込みを入れます。また、玉ねぎをみじん切りにしておきましょう。

◎ STEP2:具材を挟む

ボウルへよく油を切ったツナ、玉ねぎ、マヨネーズ、塩こしょうを入れて混ぜ合わせ、さらにピザ用チーズも加えます。具材を二等分にして、食パンのポケットに詰めます。パンが破けないように注意しながら、角までしっかりと詰めましょう。

◎ STEP3:魚焼きグリルで焼く

魚焼きグリルの網を外します。鉄板にクッキングペーパーかアルミホイルを敷き、具材を詰めた食パンをそれぞれ斜めに並べます。パンの上に網を戻したら、弱火で焼き目がつくまで焼きます。火傷しないように気をつけながら、網を外してパンを裏返し、裏面も同様に焼きましょう。お使いのグリルにもよりますが、1分程で焼けてしまうと思います。焦げやすいので目を離さないようにして下さいね!

◎ STEP4:完成

こんがりと焼き目がつき、チーズが溶けたら完成です!

・注意点

短時間で焼けてしまいますので、ピザ用チーズは常温に戻しておいて下さい。冷たい状態ですと、焼いた時に溶けない場合があります。温度が上がる時と下がる時に臭い移りが発生する為、グリル内の魚の臭いが気になる場合はパンを焼く前に空焚きしておきましょう。

■ おわりに

こんがりとした焼き目が美味しいパニーニを、ぜひお試し下さい。

(image by 筆者)
(著:nanapiユーザー・nyon)