彼の浮気を疑ったときに使うべき「釘を刺すひと言」

写真拡大



「最近彼の行動が何だか変!」「以前に比べてLINEが返ってこなくなることや休日に会えない日が増えた…」こんなことが続くと普通は彼の浮気を疑ってしまいますよね。でも、まっすぐ問い詰めてもきっと否定されて終わるだけ……。

そこで今回は、元女探偵の筆者が浮気をしているかもしれない彼をけん制するひとことについて解説します。

■・「生理が遅れてるの……」

彼の反応が分かりやすく効果バツグンなのが「妊娠したかもしれない」という旨の発言です。仮に浮気をしていたとしても、本命の彼女が妊娠したかも……となったら浮気相手とは関係を切る方向に進めるのが普通の男性です。ただし、もし彼に伝えたときにやたらと焦ったり「俺の子じゃなくない?」などの発言が出て来るようなら要注意。誠実な態度が見られないようであれば、浮気疑惑を解明させるよりもふたりの関係そのものを見つめ直す必要があるかもしれませんね。

■・「男友達が浮気で訴えられて左遷されたんだって」

けっこう怪しいな……と思ったときは友達の例にあげて、悲惨な浮気の結末を世間話として話して様子を見るのもアリです。そのときは彼のことを疑ってかかるような話し方はせず、あくまで「ただの世間話」として話すのがポイント。もし彼が本当に浮気をしているようであれば、勝手に動揺してくれるはず。そんな結末を避けるために、きっと彼も「浮気は止めておこう…」とひっそり反省してくれることでしょう。

■・「この前友達が◯◯君に似た人を見かけたんだって」

浮気している可能性が高いのであれば、「この前◯◯君を見かけた」という言い方で軽く反応を見てみるのも良いでしょう。ただし、「見かけたけど…浮気してない?」などと問い詰めてしまうと、違っていた場合にはケンカの原因になりかねません。ですから、「友達が見かけた」という言い方をして「じゃあ見間違いだったのかな?」と逃げられる可能性を残しておくことがポイントです。また、「女の人と歩いていたって言ってたから別人だと思うんだけど」など、あくまで自分は彼を信じているという言い方をすると、彼のドキドキ具合は高まるはずです。

■・「信じてるから」

このセリフを無邪気に言われてしまうとなかなか裏切れないと感じるのがまともな男性です。「最近あまり会えないけど、信じてるからね」など、可愛い言い方で釘を刺すひとことをちょくちょく会話の合間に挟むと、浮気防止になります。

もっとも、「信じてるよ」と言っても嘘をついて浮気をするような不誠実な男性もいるかもしれませんが、そんな相手とは別れるほうが正解だと思いますよ。

■おわりに

浮気防止のために大事なのは、彼に「彼女が浮気に気付いているのかも…」とドキッとさせること。浮気だとハッキリ決まったわけでもない状況で彼女がしつこく疑うと、そんな態度が嫌になって本当に浮気してしまう男性もいるので、追い詰めすぎないようにしましょう。「あなたのことを信じてる」ということを伝えるなどして、適度に釘を刺すようにしてくださいね。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)