男子の嘆き! デート中、見栄を張って後悔してるコト

写真拡大

誰だって、気になる異性の前では自分をよく見せたくなるもの。そのため、つい見栄を張ってしまう……! なんて経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 今回は男性のみなさんが「デート中、見栄を張ってしまい、後悔していること」についてエピソードを教えていただきました。

(1)食事をおごる

・「ご飯代をすべてご馳走したら、すっからかんになった」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「高級料理のお店を予約して行ったこと」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

男性が見栄を張りやすいポイントと言えば、食事のお支払い。好きな女性を喜ばせたくて、ついつい全額支払ってしまうということもよくある話ですよね。高級なお店で男性がごちそうしてくれたら、女性のほうは脈アリだととらえていいかもしれません。

(2)贈り物で奮発!

・「50,000円のプレゼントをした。大見栄張ったなー」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「プレゼントを奮発して、会計のとき一瞬たじろいだ」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

彼女に「欲しい」と言われて、つい「いいよ」と言ってしまったけれど……お会計の段階ですでに後悔している男性もいるよう。とはいえ、「お金がないからダメ」と言えば、彼女の機嫌が悪くなるのは、容易に想像できます。女性側の配慮も必要なのかもしれませんね。

(3)知ったかぶり

・「デートで行く予定の店やコースを、前日または早めに行って下見し、さもそこをよく知っているかのように思わせる」(35歳/食品・飲料/営業職)

見栄を張って高級店に出向いたとしても、「慣れていない雰囲気」はすぐに伝わってしまいます。より精度の高い見栄を張るため、こんな工夫をする方も……。陰でそんな努力をしてくれていると思うと、女性としてはうれしいですよね。

(4)運転技術を見せつける!

・「運転がうまいのを見せたくて、かっこよくハンドルを切る」(31歳/通信/その他)

・「ドライブデートで、普段身につけもしない手袋をはめて運転したりした」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「運転がうまいふりをしたが、すぐにバレてしまった」(34歳/電機/技術職)

こちらも男性にとっては、カッコイイところを見せつけたいポイント! ここぞという場面では、すかさず褒めてあげてください。いい気分になった男性とスムーズに恋を進展させていけそうです。

(5)自慢トーク

・「会社で営業成績が今期トップになりそうと言った」(38歳/金融・証券/営業職)

・「少し高いバーに行って、ここは行きつけだとウソぶくことがあった」(34歳/金融・証券/専門職)

トークの内容で見栄を張ってしまう方は要注意!? 「少し大げさに伝えただけ」のつもりでも、彼女にとっては「単なる嘘つき」になってしまうかもしれません。平気で嘘をつく相手を信頼するのは難しいでしょう。

(6)残念ながら、失敗も……

・「高級レストランを予約したら、実際には予約ができてなかった」(30歳/情報・IT/その他)

・「うんちくを語ったが、彼女のほうが知っていた」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「運転中に便意が来たが、かっこつけて余裕をぶっこいていたら大惨事になってしまった」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

見栄を張る気持ちもわかりますが、慣れない行動には失敗もつきものです。こんな失敗を目の当たりにすると、彼女の方も思わず笑ってしまうかも……!? 優しくフォローしてあげれば、心の距離も近付きそうですよ。

<まとめ>

女性とのデート、あらゆる面で見栄を張ってしまう男性も多いことがわかりました。男性的にも、見栄を張るのは簡単ではないはず! 女性側が優しく「自然体」へと主導してあげることで、リラックスデートを楽しめるのではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数105件(22〜38歳の働く男性)