中室牧子●教育経済学者。1998年、慶應義塾大学卒業。米コロンビア大学博士。日本銀行、世界銀行勤務を経て、2013年から慶應義塾大学総合政策学部准教授。著書に『「学力」の経済学』がある。

写真拡大

うちの子は1学期の成績が振るわず、夏休み中もあまり勉強していなかったようだ。そろそろ受験準備に身を入れなければいけないはずだが、どうしたらスイッチが入るのか。子供の勉強に関する「新常識」を探ってみた。

成績を上げるには勉強しなくてはならない。一時的ではなく継続して勉強するには、学力以外に体力や精神力も必要だろう。だとしたら、親は何をしてやればいいのか。改めて思えば、教育はわからないことばかりである。

そこで今回、私たちは信頼の置ける専門家2人に、「どうすれば子供が真に実力のある大人に育つか」をレクチャーしてもらうことにした。

最初に話をうかがったのは、教育経済学者の中室牧子慶應義塾大学准教授である。科学的根拠に基づく中室氏の主張は明快で、「ご褒美を使って勉強させてもいい」「子供の努力はほめるべきだが、能力をほめてはダメ」というものだ。

中室氏によれば「自制心」「やり抜く力」といった、学力を下支えする「非認知能力」も重要だ。そこで作文や思考力、野外体験を重視した大人気の学習塾「花まる学習会」を率いる高濱正伸代表には、子供の「見える力」「詰める力」を育てるために、とりわけ父親が関与しなくてはいけないことについて檄を飛ばしてもらった。

意外な指摘もあるはずだが、いずれも読めば納得の「新常識」だ。まずは中室氏による「理論編」からスタートしよう。

 

■<理論編>

■「ご褒美」には効果があるのか?

自分の将来のためには勉強したほうがいい、ということは子供も十分理解しています。しかし、大人がなかなか禁煙できなかったりジム通いが続かなかったりするように、習慣を変えるのが難しいのは子供も同じです。この「遠い将来の利益よりも近い将来の利益が大きく見えてしまう」性質のことを経済学では「双曲割引」といいます。

では、どうやったらわが子が「勉強する子」になってくれるのでしょうか。カギになるのは「どのように勉強を習慣にするのか」ということです。

最初に「ご褒美」の効用について考えてみましょう。

「子供をご褒美で釣る」ことに抵抗がある保護者の方も多いかもしれません。しかし最近の経済学の研究には、ご褒美やボーナスなどの金銭的なインセンティブ(誘因)を与えることで、さまざまな習慣を形成できることを証明したものがあります。

米国では、大人を対象に禁煙や運動を習慣化させる目的でさまざまな実験が行われ、インセンティブが習慣形成に一定の効果を上げることがわかってきています。米国ではさらに、子供の学力がインセンティブによってどう影響されるかを調べる実験も行われています。なかでも有名なのは、約3万6000人もの児童・生徒が参加した、米ハーバード大学のローランド・フライヤー教授による大規模実験です。

フライヤー教授の実験には、大きく分けると2つのタイプがありました。一つは「学力テストや通知表の成績がよくなったら報奨金を出す」というもの。つまり「いい成績」というアウトプット(成果)に対して報酬を出したのです。

その一方、「本を読む、宿題を出す、きちんと出席する、制服を着る」といったインプット(投入)に対して報酬を与えるという実験も行いました。

結果を簡単にまとめると、大人に対する実験ではアウトプットにインセンティブを与えることで禁煙や運動を習慣化することに成功したものが多いのに対して、子供の学力を上げるためには、インプットにインセンティブを与えることが有効だということがわかりました。

親はつい「今度のテストで80点以上取ったら、(遠い将来である)誕生日にお小遣いをあげるよ」という約束をしてしまいがちです。しかしフライヤー教授の実験結果に基づけば、それよりも「1時間勉強したら、(近い将来である)すぐにお小遣いをあげるよ」としたほうが効果的であることが示されています(図1)。

■いい点を取ったらほめ方に注意!

ご褒美の次は、「ほめ方」についての研究成果を見てみましょう。

子供の勉強を習慣化させようと考える親にとって、「やってはいけないこと」がいくつかあります。一つはテストの点がよかったときに「能力をほめる」ということです。

米コロンビア大学のミューラー教授らが公立小学校の児童に対して行った実験によると、IQテストのあとで「努力」をほめられた児童は、その後に行われたIQテストでさらに成績を伸ばしましたが、「能力」をほめられた児童は、逆に成績を落としてしまったのです(図2)。

これは、能力をほめられた子供たちは、テストの結果を「自分の(生まれつきの)能力のせいである」と考えるようになり、次のテストでよい点を取るための努力をしなかったからだと考えられます。

また、子供に「勉強しなさい」と言うことも逆効果となります。これは私が学習院大学の乾友彦教授らと行った研究で明らかになりました。

就学期の児童を対象に「子供の学習時間を延ばすために、親はどのような働きかけをしたらいいか」を調査したのですが、残念ながら「勉強するように言っている」だけでは著しく効果が低く、とりわけ母親が女の子に対してそんな働きかけをすると、子供の学習時間は反対に短くなってしまうことがわかりました(図3)。

一方、最も効果的だったのは、母親の場合は「勉強する時間を決めて守らせている」こと、父親の場合は「勉強を見ている」ことでした。

経験的に「リビングで勉強する子は成績がいい」と言われていますが、これは子供が勉強する姿を親が近くで見守っているとか、より積極的に勉強時間を管理しているからではないかと思われます。

■学力以上に大事な「非認知能力」

以上は学力に直結する話ですが、将来の子供の成功を考えると、学力(認知能力)と同等かそれ以上に大切な要素があります。それは「非認知能力」と呼ばれる力です。

いくつかある非認知能力のうち、非常に大切だと言われているのが「自制心」や「やり抜く力」です(図4)。

研究者によっては、自制心は「筋肉のように」後天的に鍛えることができるという人もいます。「背筋を伸ばせ」と指導され、それを忠実に守ることのできた学生は成績が伸びたことを示した研究があります。これは、背筋を伸ばすというような普段意識しなければやらないようなことを継続したことで、自制心が鍛えられ、それによって成績が伸びたと考えられます。

(久保田正志=構成 大杉和広=撮影 教えてくれる人:教育経済学者 中室牧子)