チョコ味の焼きそば「ぺヤングvs一平ちゃん」。どっちがバレンタイン向きか実食!

写真拡大

 もう、コンビニなどの店頭で気になっている人も多いだろう「明星 一平ちゃん夜店の焼きそば チョコソース」と「ペヤング チョコレートやきそば ギリ」。

 多くの人が気になりつつ試せてはいない、この2大チョコレート焼きそば。バレンタインのチョコレートは、自分でも食べられるものを相手にあげないと失礼ですよね。まったく想像がつかないまま、女子SPA!が毒味……いえ、味見をしてみました。

◆チョコの中にソース味もほんのり。プライドを感じた一平ちゃん

 まずは一平ちゃんから開封。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=655555

 若干、灰色っぽいと感じた麺はやはりココアパウダーが練り込んでいるそうです。湯切りした後に、焼きそばソースを単独で舐めてみたところ、「チョコ? えっ!? しょっぱいんだけど??」と脳内が大混乱。甘みの中にほんのり焼きそばソースのしょっぱさ……というよりも、確実に甘みとソースの味が独立していました。

 ふわっと生暖かい甘い香りにドキドキしながら実食すると、案外、構えていたよりスッと入りました。思ったよりイケる。

 一平ちゃんはほかにもショートケーキ味を出すなど迷走(?)しているようですが、毎年出しているチョコ味は年々グレードアップしているらしいので、いつか私の味覚も一平ちゃんに追いつく日が来るのかもしれないです。

 ただし、完食できず。

◆まんまチョコソースで冒険心を感じるペヤング

 最近、パクチーやきそばなどジワジワと狂気を見せているペヤング。ただ、このチョコレートやきそばは、近所のセブンイレブンではいつだって山積みだったのが印象的でした。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=655557

 麺とソースとこれまた少量の謎のかやくのみといういたってシンプルな中身。やきそばソースとかいてあるものを舐めると、「お! チョコレート!」という感じ。ただ、これだけを麺にからめるとなると結構冒険じゃないでしょうか?

 また、かやくは、ふりかけ的に刻まれたフリーズドライのいちご風とバター感のある甘めのクルトンといったところでしょうか。たしかに相性は良さそう。

⇒【写真】はコチラ https://joshi-spa.jp/?attachment_id=656468

 ひと口実食。光の速さでごちそうさまでした!

 パッケージはチョコレート色で、重厚感あるので期待していましたが、今となってはサイド部分に記載された「義理メッセージ」のチェックシートがあるに納得感すら覚えます。きっと、会社の上司や同僚に遊び感覚であげるのが正しい使い方かもしれませんが、上司に渡したら昇進に響くでしょう。

 こちらも完食できず。

◆結局どっちがおいしかった?

 結論を言うと…個人的には「一平ちゃん」に軍配です。まだ「食べられた」という意味でそうしました。

 ほかに編集部の2人にも食べてもらいましたが、やはり「一平ちゃんがまだマシかしら」という返答でした。

 ですが、「やきそばパンのようにパンではさんだら食べられるかも」という貴重な意見もありました。

 そもそも考えてみたら、小麦とチョコレート、つまり炭水化物と糖質ですよね。美容もへったくれもありません。むしろ瞬く間に脂肪に変わるでしょう。例えば、身体の内部からじっくりと殺したい旦那がいたら、これは高度なテクニックとして有効かもしれません。なかなか箸が進まないけど、愛情という圧力で完食させてみてはどうでしょう?

 バレンタインはもうすぐ。期間限定だとすると、貴重な存在かもしれません。試してみるかどうかはあなた次第です!

<TEXT/タケダマコ>