photo by はむぱんさん

写真拡大

「飲み会で一気をさせられた」「育児短時間勤務で早く帰るときにいつも嫌味を言われる」、あるいはパワハラやマタハラ。

 社会保険労務士(通称:社労士)の私にはハラスメントについての多くの相談が寄せられます。昨今、さまざまな事象について「◯◯ハラ」と呼ばれることが多くなり、いわゆるセクハラについての相談が減っているように思われがちですが、私の知る限りそんなことはありません。

◆自覚のないセクハラが増加している

「お尻を触られた」「卑猥な言葉をかけられた」といった直接的でわかりやすいセクハラは少なくなっていると思いますが、「自由恋愛です」「僕は真剣です」と言って相手の気持ちに関係なく口説いたりする「本人がセクハラとは思っていないセクハラ」が多くなっているように感じています。

 確かに、最初は恋愛の範囲でスタートしているかもしれませんが、その相手が同僚で、しかも口説く場所が社内や懇親会で、さらに見込みがなくてもしつこく迫るといったことになればセクハラと判断されても仕方ありません。本人はいたって真剣なため「自分がセクハラをしている」といった感覚が乏しくなっているのが大きな原因の一つでしょう。

◆事件簿【1】「えっ?お花見って何のことですか?」

 きっかけは山下さん(仮名)と同時期に入社した神戸さん(仮名)が先輩社員に漏らした愚痴でした。そこからいろいろとセクハラの実態が明るみに出たのです。神戸さんは山下さんより年齢は少し下ですが、その先輩社員がことの詳細を尋ねるとこう続けたそうです。

「山下が同期会としてお花見を企画したんですよ」

 神戸さんらの同期は男性社員5人なのですが、山下さんはなぜか女性社員の高井さん(仮名)と鈴井さん(仮名)を誘っていました。

「同期ではない2名の女性を誘った理由は聞いていませんでした」(神戸さん)

 とりあえず、神戸さん以下同期の男性陣はお花見に備えて、いろいろと準備をしていたそうですが、前日の金曜日の夜、山下さんから同期に一斉に連絡があったそうです。

「中止になりました」

 そこには理由もお詫びの言葉も添えられていなかったそうです。月曜日になり、顔をあわせても理由を説明しない山下さんを不審に思い、神戸さんたちは高井さんに理由を聞いてみました。すると、耳を疑うような返事が返ってきました。

「えっ? お花見って何のことですか?」

◆高井さんがお花見の開催を知らなかった理由

 一連の経緯はこういうことでした。山下さんは高井さんをプライベートで誘おうと昼夜を問わず口説いていたそうです。お土産のお菓子に付箋でLINEのIDを貼るなどその手法は決して効果的ではありませんでした。そんななか、山下さんが考えたのは「マンツーがダメなら周りを巻き込もう」という奥の手でした。そこで出たアイデアが“お花見”だったのです。

 ただ、そもそも同期会を開催したいわけではなかったため、高井さんが出席しないことが確実になった時点で山下さんはお花見の中止を決定したのだそうです。

 ところで、そもそもお花見の開催を知らされていない高井さんがなぜ出席しないことになったのでしょうか? それは、さんざん高井さんに断られている山下さんは「男だけの同期では断られる」と考え、高井さんと仲の良い鈴井さんを先に誘い、「鈴井さんも来るから」という“参加しやすい環境”を作ろうと考えたらしいのです。

 ただ、鈴井さんはすでに結婚し、小さなお子さんもいるため、声をかけられた時点ですぐに断ったそうです。山下さんとしてはその時点で中止を決定していたのですが、同期には直前まで連絡するのを忘れていたそうです。