“鬼のように強い”3人が参る! (C)空知英秋/集英社
(C)2017「銀魂」製作委員会

写真拡大

 空知英秋氏の人気漫画を小栗旬主演、福田雄一の監督&脚本で実写映画化する「銀魂」の新キャラクタービジュアルが、このほどお披露目された。新井浩文、佐藤二朗、菜々緒演じる“鬼兵隊”隊員3人の姿を切り取っている。

 累計発行部数5000万部を突破した同名漫画が原作。宇宙からやってきた天人(あまんと)が幅を利かせるパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋(よろずや)を営む銀時(小栗)が新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らとともに、様々な事件に挑む。

 鬼兵隊は、最も危険な男・高杉が率いる過激派攘夷浪士で構成された武装集団。“人斬り似蔵”の異名を持つ盲目の剣士・岡田似蔵を怪演した新井は、小栗とのバトルシーンを振り返り「大前提としてケガをさせてはいけないが、その中でも本気でやらないと迫力が出ない。ケガをさせないようにだけは、注意してやりました」と、極限を追及したことを明かした。

 さらに二丁拳銃の使い手・来島また子役の菜々緒は、抜群のプロポーションを披露。口癖「〜ッス」の発音に不安を感じていたそうだが、「何度かお芝居を重ねてくると、(自身の)口癖になるほど定着しました」といい、露出度の高い衣装については「一から手作りで繊細に作っていただいて、衣装やウィッグを初めて身に着けた時、これなら、来島また子に近づけるかもしれないと感じました。こうみえてけっこう燃えるタイプなので、やるからには頑張ってやらせていただこう! という思いで臨みました」とコメントを寄せた。

 そして福田組には欠かせない佐藤は、頭脳明晰だが「変人」とも呼ばれる武市変平太役。「高杉一派のひとりでありますし、鬼のように強い鬼兵隊のひとりということで、それをちゃんと意識してやりました」と話したが、「という今の僕のコメントが逆に原作ファンの感情を逆なでしないことを祈っています」と恐縮そうに述べている。

 なお、公式サイト(http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/news/index.html)では堂本剛扮する高杉晋助の姿を確認することができる。

 「銀魂」には、ほか岡田将生、長澤まさみ、ムロツヨシ、柳楽優弥、中村勘九郎、安田顕らが出演。7月14日から全国で公開される。