日産が発売予定のキャンピングカー「NV350キャラバン」

写真拡大 (全4枚)

 最近、あちこちで聞かれる「グランピング」という言葉。〈グラマラス〉と〈キャンピング〉を合わせた造語で、大自然の中でも、まるで高級ホテルにいるかのようなホスピタリティに溢れたキャンプスタイルのことを指す。

「これまでキャンプといえば、自分たちで火を起こして料理をしたり、夜は屋外にテントを張って寝たりと、“不自由”をあえて楽しむシーンが多かったのですが、最近は違ったニーズも出てきました。

 キャンピングカーで出掛けて自然を満喫した後は、道の駅に寄って弁当を買い、車内の電子レンジで温めて食べる。そして、テレビを見ながら虫にも刺されずに車中泊で快適に眠りたい──そんな人たちが増えているのです」

 こう話すのは、日産自動車LCV事業本部グローバルコンバージョン部主管の森本憲和氏だ。

 つまりは、キャンプといえども、意気込んで専用装備を揃えるわけではなく、日常のライフスタイルを保ったまま贅沢な気分に浸りたい、ということか。そんな“今時キャンパー”の嗜好に合わせながら、キャンピングカーも進化を遂げている。

 2月5日まで幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催されている「ジャパン キャンピングカーショー2017」では、キャブコンと呼ばれるトラックをベースにした、いかにも豪華なキャンピングカーが多数展示される一方、来場者の興味を引いていたのが、外見だけではキャンピングカーと分からない“普段乗りプラスアルファ”のクルマだ。

 前出の日産が今年度中に発売を予定しているキャンピングカー「NV350」も、商用車として乗り回す人の多い「キャラバン」がベースになっている。だが、車内を覗いてみると、その充実ぶりに目を見張る。液晶テレビ、電子レンジ、冷蔵庫、IH調理器、そして、何と家庭のリビングで使われているような大型エアコンまで装備している。

 しかも、同車がもっとも優れているのは、EV(電気自動車)の「リーフ」で培ったリチウムイオンバッテリーが搭載されていることである。

「このリチウムイオンバッテリーは家庭用の100ボルトコンセントで充電でき、8時間のフル充電で12キロワットの電気が使えます。一般家庭で1日に使う電力が10キロワットといわれているので、1回充電で2泊3日の車中泊キャンプはラクに行って帰ってこられます。

 また、エンジンを止めたままでも車内で電気を使えるので、夜間アイドリング禁止の道の駅でもエアコンをつけて快適に寝ることができますし、温度管理が欠かせないペット連れでも安心です」(前出・日産の森本氏)

 リチウムイオン電池を使った最新キャンピングカーは、他社でも展示している。

 トヨタの不動人気バン「ハイエース」をベースに、リチウムイオン蓄電池を積んだ「rem Forest」シリーズを販売するのは、キャンパー鹿児島だ。昨年よりカー用品大手のスーパーオートバックスが正規販売代理店になり、全国3店舗でキャンピングカーの販売を開始している。

 リチウムイオン搭載の同キャンピングカーは、乗り出し価格でおよそ780万円と高額だが、毎月購入者が絶えないという。一体、どんな層が乗っているのか。

「キャンピングカーというと、会社経営者やリタイアしたシニア層など、お金に余裕のある人たちが購入していると思われがちですが、いまは街乗りクルマとして使いながら、週末は高級車中泊の旅に出掛けたいという40、50代のファミリー層に人気です。先日は小さな子連れの20代のお父さんが購入されました。

 ライフスタイルに柔軟に対応できる車内装備、そして泊まる場所を気にせず、すぐに快適なクルマ旅に出掛けられるメリットを考えれば、決して損はしない価格だと思います」(スーパーオートバックス担当者)

 日本RV協会によれば、2005年に約5万台足らずだった日本のキャンピングカー市場(総保有台数)は、2016年に9万5100台と、ほぼ倍増している。

 月末金曜の仕事を早く切り上げる「プレミアムフライデー」の推進も図られようとしている今、“グランピングカー”に乗ったスマート旅は、ますます注目を集めそうだ。