終身刑の判決を受けた令計画氏の現状は

写真拡大

 中国の最高指導者だった胡錦濤前国家主席の側近中の側近で、昨年7月に汚職や国家機密漏えい罪などで終身刑の判決を受けた令計画・元中国共産党中央弁公庁主任が収監中の北京・秦城監獄で異常な言動を繰り返していることが分かった。

 突然、息子の令谷氏や弟の令完成氏、あるいは元愛人の女性の名前を叫んだと思うと、すぐに大きな声で笑ったり、驚いて駆けつけた看守を怒鳴りつけたり、「早く監獄から出してほしい」と哀願したり、じっと床を見つめて、数時間動かないこともあるという。

 医師は統合失調症の症状と診断しているが、香港メディアのなかには「病気療養の仮釈放の措置を受けるための自作自演では?」と伝えるところもある。ロイター通信などが報じた。

 令計画氏は胡錦濤氏がトップだった中国共産主義青年団(共青団)出身で、胡氏に気にいられ、20年以上も秘書的な役割を果たし、胡氏が党トップ時代には党務全般を切り盛りする党中央弁公庁主任を務め、最高指導部入り目前とみられていた。

 ところが、息子が超高級車を乗り回し、自動車事故で死亡した事件がきっかけで、他の腐敗幹部との関係が表面化。2015年7月には逮捕され、裁判で終身刑を受け、全財産を没収された。令氏の兄や姉、妻ら一族郎党も逮捕され、その全体の収賄額は837億元(約1兆3810億円)にも達するとの情報もある。

 また、令氏は、現在米国内に潜伏しているといわれる弟の令完成氏に国家機密が書かれた書類や写真などを多数渡しており、その内容について厳しい取り調べを受けているとも伝えられる。

 このため、一部香港メディアはその追及の矛先をかわすために、令計画氏が精神に異常をきたしたような振りをしているのではないかと分析している。令氏は以前にも、取り調べ中に都合が悪くなると、急に泣き出したり、大声でわめいたりするなどで病院に3回搬送されたことがある。そのため「今回も自作自演の可能性は捨てきれない」と香港誌「動向」は報じている。

 米国を拠点にする中国問題専門の華字ニュースサイト「他維新聞網」のコメント欄には、「中国共産党の権力闘争は休むことを知らない。令計画が監獄に入っている間にも、それは続いているのだ。習近平もおちおちしてはいられない」などとの書込みがみられる。